■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
それぞれができること

震災から早くも半月が経ってしまいました。

この半月という期間が本当に長く感じます。震災前のことが遠い昔のことみたい。あの大きな地震のせいでどれくらいの人の人生が変わってしまったんだろう・・・。

日に日に数が増えていく犠牲になられた方と行方不明の方の数に心が痛みます。テレビで映像を見るだけでもとても現実とは思えないような光景なのに、きっと実際の被害はテレビには映せないくらいのものなのは間違いなくて、それを今現実として生きてらっしゃる方々のために何ができるだろうってずっと考えてます。

ここメルボルンでも日本のために何かしようという動きがいろいろ起きています。今日は知り合いのバイオリニストが音楽家仲間と主催したチャリティーコンサートに行ってきました。演奏したのは日本人の音楽家はもちろん、他の国の方もたくさんいました。日本のためにあれだけの人が集まってくれたっていうのは嬉しいことです。

オーストラリアに住み始めてもう10年以上になるけれど、今回の震災で自分の母国が大変なことになっている時に外国にいるということは精神的になかなか参るということを知りました。幸いにも私の家族や友達に直接の大きな被害はなかったんですが、いろいろな所で日本代表として心配されたりするので気持ちが混乱しました。必要以上にセンセーショナルな報道をするオーストラリアのメディアも、しょせんは他人事と思って放送してるように感じてしばらくはこちらのメディアのニュースに目を向けることもできませんでした。

でもやっぱり日本のことを近く感じてこうしてチャリティーコンサートなんかに協力してくれるオーストラリアの人たちもたくさんいるわけで、それは本当に嬉しかったです。ニュースでは台湾で多額の募金が集まったと読みました。たくさんの国の人たちが日本のために何かしてくれてますね。そんな中、自分はこれまで外国で大きい災害が起きた時に率先して募金しただろうかなんて思うと本当に恥ずかしくなります。

幸い、私の学校では生徒達何人かが日本のために何かしたいって言ってくれました。今学期はうちの学校では途上国のための募金活動をすでにしているので、来学期に何か企画してできたらいいなと思ってます。そしてそのお金を被災地の学校なんかの教育機関に役立ててもらえたらいいななんて思ってるんですが、やっぱり赤十字に送るのが一番いいのかな。とりあえずまだ時間があるのでじっくり考えたいと思います。

ここで自分ができることをして、それが何らかの形で役に立ってもらえれば・・・。

スポンサーサイト


未分類 | 21:52:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
共感です。
私も自分だけが、渦の外にいるという事実と、AUSのメディアにうんざりして、かなり気が滅入りました。でも、被災地の人たちの為に、沢山のチャリティがメルボルンでも行われているので、落ち込んでる場合ではないことに気づきました(><)
うちの会社でも先週から日本赤十字の募金箱を置いてます。
いろいろな国籍の人が来るけれど、台湾人は結構入れてくれてる気がします。みんなの心の温かさを感じる今日この頃です。
2011-03-29 火 21:07:23 | URL | VIC☆ [編集]
おひさしぶり
お元気でしたか?

すごい地震や、そのあとの計画停電などで、なんだか仕事が激減。
ブログ復活して遊んでます。

またお邪魔しますね♪
2011-04-21 木 11:17:58 | URL | ふくママ。 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。