■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祖母のこと

このブログに、先月立て続けにあった兄と妹の結婚式について書きたいのですが、その前にどうしても書いておかなきゃいけないなーと思うことがあるので、まずはそこから書こうと思います。

それは、祖母のこと。

私の母方の祖母が6月28日に急逝しました。生徒を引率した日本旅行で私も日本にいたのですが、その日は姉妹校がある札幌から関西に向かう日で、連絡を受けた時はちょうど新千歳空港に着いて今からチェックインするって時でした。あと10日くらいで会えると思っていたし、まさかその前にこんなことになるとは思ってなかったので本当にショックでした。その日の朝まで元気にしてたらしいので尚更です。

実は祖母は、年末に私が日本に帰ってきたときに硬膜下血腫で倒れて入院し、その時にかなり危険な状態だったのですがそこから持ち直し、私が最後に会った一月にはリハビリに精を出しているところでした。私も日本にいた数週間の間、何度も祖母がいる病院を訪れて顔を見せていたので、今ではそれが救いかな。

とりあえずお通夜は翌日、翌々日はお葬式と決まったという連絡がその日の夕方に入ったのですが、なにしろ私は日本旅行引率の身。しかもその日からは姉妹校ホームステイではなくホテル滞在の観光旅行だったし、全ての行程を把握してるのは私だけだったのでお葬式に行くかどうかかなり迷いました。結局一緒に引率で来てくれた他のスタッフの好意に甘え、お葬式の日が比較的大人数でも観光しやすい奈良観光の日だったというのもあって京都から日帰りで広島にお葬式のために帰ってきました。

その日は早朝に起きてホテルを出て、始発の新幹線で京都から広島へ。そしてそこからローカル電車に乗って、それでも間に合いそうになくて最後はタクシーで葬儀会場へ。ギリギリで間に合って祖母の顔を見ることができました。

祖母はもともと小柄な人なんですが、なんだか本当に小さく見えたな。子供のころ、遊びに行くたびに「どれくらい大きくなったかね?」って言って抱き上げてもらうのが習慣だったんだけど、よく考えたらおばあちゃんってこんなに小柄だったんだなぁって。そして、きれいにお化粧してもらって、すごく穏やかな顔をしてました。

何年も会ってなかった従姉妹達も揃っていて、悲しい中にも祖母があらかじめわかっててわざわざこの日を選んでくれたような感じもして、不思議な気分のお葬式でした。だって、これがオーストラリアにいた時だったら、こんなふうに来られなかったと思うから。みんな、「おばあちゃんはきっと、ルナLunaが日本にいて、この日ならお葬式に来られるってわかっとったんよ。」って言ってくれて、そう言われるとなんかあの祖母ならそういうこと全部わかってたような気がするんです。

その日は時間の都合上関西にトンボ返りして大阪で生徒たちを合流しなければいけなかったので骨上げまではいられなかったけど、お葬式に行けたっていうのは本当に私にとっては意味があることでした。そうさせてくれた同僚に感謝です。

祖母と最後に会った時、リハビリ中だった祖母に「お正月のうた」の歌詞を平仮名で書いたものを渡されたんです。なんかそれを読むリハビリをしてたのかな? 

「日本語を忘れたらいけんけえ、これを持って帰って読みんさい。」

最後にそう言ってた祖母。自分のことなんて棚に上げて30歳超えた孫の心配をしてるあたりがすごく祖母らしかったなぁ。私なんて、まがりなりにも日本語教師やってるのに(笑)。今、空から私が日本語で本を読んだりしてるのを見て、祖母は少しは安心してるでしょうか。

そんな祖母の昨日は納骨でした。私が生まれる数ヶ月前に他界した祖父に、その後33年分の出来事を報告してるのかなぁとかいろいろ考えてしまいます。

スポンサーサイト


未分類 | 22:36:29 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Re:祖母のこと(08/09)
実は私の祖母も7月8日に急逝しました。
本当に突然のことで、5月に末期がんと分かってから
まだ半年は大丈夫…といわれていた中での出来事で
とてもショックでショックで…。
ただ、ルナLunaさんが1月に祖母様に会われていたように
私も3月になぜか思いつきで(今思えばそれも神様がそうしたのかも)息子と一緒に会いにいったことが救いで、また
危篤状態の中で意識が朦朧としていたとはいえ、私が帰った2泊3日の中で最期を迎え、そこに会えたのはまだ救われる思いでした。

小さい頃の出来事がいろいろと思い出されますよね。
実際に会うことはできないけれど、きっと空から見てくれてるから、恥ずかしいことはできないなと思ってます^^
なんだか同じような状況で凄く心情がシンクロしたような
気がしたので長文書いてしまいました。ごめんなさい。
2010-08-10 火 11:31:04 | URL | リンリンRS [編集]
Re:祖母のこと(08/09)
いろいろなことがあった日本滞在だったんだね。
命あるもの、かならずどこかで別れがくるとは
分かっていても、大好きな人(や動物)との
さよならはつらい。
でも、最後の顔を見てあげることができて、本当に
よかった。きっとおばあちゃんも喜んだよ。

うちの母方の祖父も、去年の夏に体調くずして、
今は少し持ち直しているけど、いつ何があっても
おかしくないから、大事にしたいと思うな。
月末に広島帰るけど、じじ孝行してくるよ。
2010-08-10 火 14:46:38 | URL | Nao00 [編集]
Re[1]:祖母のこと(08/09)
リンリンRSさん、こんばんは。

>実は私の祖母も7月8日に急逝しました。
>本当に突然のことで、5月に末期がんと分かってから
>まだ半年は大丈夫…といわれていた中での出来事で
>とてもショックでショックで…。
>ただ、ルナLunaさんが1月に祖母様に会われていたように
>私も3月になぜか思いつきで(今思えばそれも神様がそうしたのかも)息子と一緒に会いにいったことが救いで、また
>危篤状態の中で意識が朦朧としていたとはいえ、私が帰った2泊3日の中で最期を迎え、そこに会えたのはまだ救われる思いでした。

RSさんのお祖母さまも急逝されていたんですね。
いつかは・・・ってことはわかっていても悲しいですよね。
でも、3月にねこすけくんと会いに行かれたこととか、
RSさんがおられた間に最期を迎えられたこととか、
やっぱり巡り合わせってあるんだと思います。
きっとお祖母さまがRSさんのお気持ちを感じ取られてたんだと思います。

>小さい頃の出来事がいろいろと思い出されますよね。
>実際に会うことはできないけれど、きっと空から見てくれてるから、恥ずかしいことはできないなと思ってます^^
>なんだか同じような状況で凄く心情がシンクロしたような
>気がしたので長文書いてしまいました。ごめんなさい。

ほんと、これからはずっと見守ってくれてると信じているので、
それに恥ずかしくないように生きていかなきゃと思いますね。
同時期に同じような経験をされたRSさんからのコメント、嬉しかったです。
2010-08-15 日 01:01:34 | URL | ルナLuna [編集]
Re[1]:祖母のこと(08/09)
Nao00さん、こんばんは。

>いろいろなことがあった日本滞在だったんだね。
>命あるもの、かならずどこかで別れがくるとは
>分かっていても、大好きな人(や動物)との
>さよならはつらい。
>でも、最後の顔を見てあげることができて、本当に
>よかった。きっとおばあちゃんも喜んだよ。

ほんとね、最後に顔が見られたのは嬉しかった。
父方の祖母の時は、お葬式に帰ってこられなくてすごく心残りだったから。
そういうふうに祖母が仕組んでくれたみたい・・・。

>うちの母方の祖父も、去年の夏に体調くずして、
>今は少し持ち直しているけど、いつ何があっても
>おかしくないから、大事にしたいと思うな。
>月末に広島帰るけど、じじ孝行してくるよ。

そうかー、おじいちゃん孝行してきなねー。
顔見ておじいちゃんも喜ぶと思うよー。
うちのおばあちゃんも、私が顔見せたらすごく嬉しそうにしてたもん。
2010-08-15 日 01:05:51 | URL | ルナLuna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。