■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小室哲哉の音楽

Yahooニュースを見てて、小室さんが昨日ライブ出演したってことを知りました。本格的な復活に向けて動き出してるんですね。

小室さんの復活については時期尚早だとかいろいろ言われてるし、それこそいろんな意見があるんだろうけど、私には時期云々はよくわかりません。何が妥当で何がそうじゃないかなんて結局のところ当事者しかわからないことだろうし、機会が与えられたのなら今の時期の復活もありなんじゃないかなと。

それよりも、動画サイトでそのライブの様子をちらっと見て、なんか小室音楽について考えちゃいました。もちろん私は今ではすっかりTMファンなのでTMの音楽がすごく好きだし、今聴いても斬新に聞こえる音を20年くらい前に創り出してた小室さんは単純にすごいと思ってるんですが、TK時代の音楽も改めて聴くと心に響くなと・・・。

小室プロデューサー全盛期の頃って私は大阪で大学生やってたんですが、別にTKプロデュースの曲が特に好きだったわけじゃないんです。CDも一枚も買ったことないし。でも、当時コンビニに行けば安室奈美恵やglobeが流れ、カラオケでは華原朋美を誰かが歌う・・・そういう時代だったんです。

それを特に意識もしてなかったんだけど、こうして改めて聴いてみると、当時の思い出がTKサウンドに乗って蘇ってくるんです。あの90年代後半の空気。大阪で、大学とテニスサークルとファミレスバイトが大半を占めてた学生生活の空気が一気に蘇ってきます。

確かに、小室さんの音楽はあの時代を創ってたんだなぁ・・・。

あまりの懐かしさにネットで華原朋美のI'm ProudのPVを探して見てたんだけど、今見たらなんと切ないこと!! 小室哲哉と華原朋美っていう二人の時代の寵児の恋がそのまま映像になってるんだけど、二人のその後を知ってるだけにその刹那的な輝きがどうしようもなく切ないです。確かに存在した輝きなのに。

今もし、当時のTKヒット曲のベストアルバムが出たら絶対買っちゃうけど、そういう企画ってないのかしら・・・。まあレコード会社とかいろいろ違うからだめなのか・・・。あ、ていうか著作権は結局誰にあるんだったっけ?(苦笑) リリースしたらけっこう売れると思うけどなぁー。アラサー世代が買いますよ!

そんなわけで、小室さんの音楽を聴いて、大学時代がちょっと懐かしくてノスタルジックな気持ちになってしまった今日でした。

スポンサーサイト


音楽なんかの趣味の話 | 21:57:36 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
オーバーラップ
ルナさんと同じく、TK全盛期の90年代半ばは東京の大学に通う音楽好きのアホ大学生でした。
月間平均で10枚以上CDを買っちゃうような生活でした。
そう、あの頃の曲を聴くとその時の自分の精神状態や環境がまざまざと蘇って来るんですよね。
初恋の女の子と初めて言ったカラオケで、彼女が歌ったのがtrfのboy meets girlだったという・・・

TKとしてはglobeのファーストアルバムまでは熱心に追いかけていましたが、その後は完全にTMにシフトしてしまいました。
トランスなんかにシフトして、これは着いていけんなーと挫折。
以来、10年間つかず離れずFANKSをやってます(笑)
プロデューサー=小室哲哉もいいけど、やっぱりアーティスト=小室哲哉が好きな私です。
2009-08-24 月 00:36:14 | URL | koh [編集]
Re:オーバーラップ(08/23)
kohさん、こんばんは。

>ルナさんと同じく、TK全盛期の90年代半ばは東京の大学に通う音楽好きのアホ大学生でした。
>月間平均で10枚以上CDを買っちゃうような生活でした。
>そう、あの頃の曲を聴くとその時の自分の精神状態や環境がまざまざと蘇って来るんですよね。
>初恋の女の子と初めて言ったカラオケで、彼女が歌ったのがtrfのboy meets girlだったという・・・

音楽って本当にその当時の気持ちをよみがえらせますよね。
当時別に小室さんの音楽を特別聴いてたわけじゃないのに、
TKミュージックによって思い出が蘇ってきたので驚きました。

>TKとしてはglobeのファーストアルバムまでは熱心に追いかけていましたが、その後は完全にTMにシフトしてしまいました。
>トランスなんかにシフトして、これは着いていけんなーと挫折。
>以来、10年間つかず離れずFANKSをやってます(笑)
>プロデューサー=小室哲哉もいいけど、やっぱりアーティスト=小室哲哉が好きな私です。

私もアーティスト小室哲哉にすごく興味があります。
純粋にやりたい音楽を追求してる小室さんの姿が見たいです。
「売れる音楽」じゃなく、「やりたい音楽」をやってる小室さんが
やっぱり一番輝いてるんじゃないかなと・・・。
FANKS初心者ではありますが、今後の活動にもついていきますよー。
2009-08-24 月 22:43:56 | URL | ルナLuna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。