■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Changeling/チェンジリング 「最近観た映画。(182479)」

財布の中に眠っていた映画のタダ券を使うべく、アンジェリーナ・ジョリー主演の「Changeling」という映画を観に行ってきました。

この映画は、行方不明になった息子を必死に探す母親に警察が別の少年をあてがって世間に事件は解決したと公表して警察の評価をよくしようと目論んだという、1920年代にアメリカで起きた実話を元にストーリーが作られています。普通に考えてそんなことは無理だと思うんだけど、それを無理矢理にやってしまおうとした当時の警察ってすごいですね。普通気づくでしょ。母親も、周りも。

もちろん少年が自分の息子ではないとわかってる母親は実の息子を探すために必死で警察に訴えるのですが、警察の策略にどんどん巻き込まれていって身動きできなくさせられていきます。そして、そこからがこの映画の面白いところなので、これから見られる方はお楽しみに。

アンジェリーナ・ジョリーは実生活でも子供を大切にしてるみたいだけど、今回のこの映画では子供への愛が強い母親像を上手く演じてると思います。それにしても、目とか口とかとにかく顔のパーツの一つ一つが大きい人は表情が豊かですな。

20年代、30年代くらいの街並みや服装も印象的な映画でした。特に帽子を深く被ってるジョリーは「婦人」って感じでよかったな。そうそう、彼女は電話局で働いてる設定なんだけど、この電話局ではスーパーバイザーがローラースケートで通路を行ったり来たりして交換手を助けるっていう仕組みみたいで、それが当時どこの電話局もそうだったのかどうかが気になるところです。

日本ではもう公開されてるのかよくわからないけど、なかなか見ごたえあったのでお薦めです。

スポンサーサイト


映画の話 | 19:31:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。