■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヨーロッパ回想録 ミラノ編 「ヨーロッパ旅行(25503)」

昔から漠然と憧れていた国イタリア。ついにやってきました!

イタリア最初の訪問地はミラノ。江国香織さんが好きな私は、彼女が書いた「冷静と情熱の間」を何度も何度も読んでたクチなんですが、その舞台となった街ミラノです。ミラノをこの目で見て、物語の情景を思い浮かべてみたいってずっと思ってました。

 冷静と情熱のあいだ(Rosso)

私が到着した日のミラノはあいにく雨。雨の中、宿泊先のホテルに向かいました。スペインではずっと他の人との相部屋で少し気疲れしていてミラノでは一人部屋を予約しておいたので、久しぶりにのびのびすることができました。壁も薄く、ぱっとしない部屋ではあったけど(笑) そして何気なくテレビをつけたらなんだか見覚えあるキャラクターが・・・。

milano1

流暢なイタリア語を操るヤッターマン

今週のびっくりどっきりメカは一体イタリア語でなんていうんでしょうか・・・。ドロンジョ様もイタリア語を話してたし(笑)

翌日、相変わらず降り続く雨の中、とりあえずドゥオモへ。雨でもドゥオモ広場は観光客でいっぱいでした。

milano2

荘厳な外観のドゥオモ

さすが世界最大のゴシック建築です。あいにく修復作業中で外観の全てを見ることはできなかったけど、それでも尖塔や彫像はしっかり見ることができました。内部は広々としていて、聖歌隊席や内陣がどーんとあったスペインのカテドラルとはまた違った感じ。この日は雨がひどかったのでドゥオモの上に登るのはやめにして、翌日にまわすことにしました。

ドゥオモを出てからは目の前のヴィットリオ・エマヌエーレ二世ガレリアというアーケードへ。

milano3

ガレリアの入り口

milano4

ガレリア中央部に描かれているフレスコ画 

このアーケード内はブランドショップが立ち並んでいて、さすがファッションの街ミラノという感じ。貧乏旅行中の私には入れるようなお店はマクドナルドくらいしかなかったけど(笑)。 というか、思い返せばこの旅行中、ブランドショップに足を踏み入れることは結局一度もなかったですね。ぼろっちいジーンズ姿の私が入るところじゃないって感じだったし。

そんなわけでさっさとガレリアを抜けて、スカラ座の脇を通り抜けてブレラ地区へ。ブレラ地区にはアクセサリーショップやインテリアショップが立ち並んでいるのです。ここは結構面白かったな。私は小さいハンドバッグに入る小さいお財布が欲しかったのでここで買いました。

その後雨の中ミラノの街中を歩き回って、途中サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。ここにはダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が飾られているんです。予約なしで行ったんだけど、案の定「予約なしでは入れません」の注意書きが。とりあえず予約電話番号をメモして教会を後にしました。

この時点でなんだかすごく胃の辺りがムカムカしてました。気のせいだろうと誤魔化し続けてたんだけど、早めにホテルに帰ることに。この時点ではランチに食べたサラダのモツァレラチーズが消化不良を起こしてるのかなくらいにしか思ってなかったんですが、ホテルに帰ると同時にすごい悪寒と吐き気に襲われてそのまま寝込むことに・・・。

オーストラリアを出て四週間。ここにきて旅の疲れが出始めてたのと、雨でかなり濡れたのが重なって風邪をひいてしまったみたいでダウン・・・ 本当にこの時は一人部屋でよかったー。ミラノ辺りで疲れが出るだろうと見越して一人部屋を予約した数週間前の自分を大絶賛です。

結局ミラノには四泊したんだけど、残りはずっと体調回復に努めるという感じでした。なにしろ食べられるものがないのがつらかったです。おかゆと梅干くらいを軽く食べたいだけなのに、あるのはピザとかパスタばっかり。とてもじゃないけど体が受け付けないんです。

milano5

なんとか見つけた寿司は食べられました
あと、脱水状態にならないようにアクエリアス

この時は本当に具合が悪くて、旅行保険のパンフレットを見ながら病院に行くべきかどうかかなり迷いました。結局行かなかったけど・・・。一人旅で体調を崩すというのは最悪の体験だということを実感。みなさん、一人旅の時には疲れを溜めないように気をつけましょう。

この後のミラノ滞在は本当に観光どころじゃなく、それでも無理してドゥオモに登ったり、センピオーネ公園やポルディ・ペッツォーリ美術館に行ったりしたんだけど、全く行動的に動き回れませんでした。ミラノに四泊した理由は、一日はコモ湖に日帰りで行こうと思ってたからなんだけど、それも叶わずじまい。「最後の晩餐」も見に行くことができませんでした。

そんなわけでミラノといって思い出すのは、降り止まない雨と、寝込んでいたホテルの部屋。ちょっと残念なミラノ滞在だったけど、まあこれも旅の思い出の一つです。

スポンサーサイト


ホリデーの過ごし方 | 20:51:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ミラノのおすし
ひとりで旅先の病気、大変でしたね~
このおすし、東京、千葉、神戸バージョンは確認済みでしたが、これは頭文字がH。初めて見ました。広島?
具合悪いときに、そんなことまでチェックしてませんよね、すみません・・・
2008-02-27 水 02:00:30 | URL | ciami [編集]
Re:ミラノのおすし(01/13)
ciamiさん、はじめまして。

>ひとりで旅先の病気、大変でしたね~
>このおすし、東京、千葉、神戸バージョンは確認済みでしたが、これは頭文字がH。初めて見ました。広島?
>具合悪いときに、そんなことまでチェックしてませんよね、すみません・・・

えっと、お寿司の名前ですよね?
なんだったかなー、全然覚えていません。
広島じゃなかったような気がします。
広島出身なので、広島だったら覚えてるだろうし・・・。
博多とかだったかなぁー。記憶にないです・・・(>_<)
ちなみにこれはミラノ中央駅のコンビニみたいなところで買いました。
2008-02-27 水 20:51:32 | URL | ルナLuna [編集]
Re:ヨーロッパ回想録 ミラノ編(01/13)
体調崩して大変だったんですね。
旅行中の病気は本当に大変ですよね。気軽に病院も
いけないし・・・。私もトルコのどこぞの田舎で
下痢になったときは死にそうでしたよ・・・。

それにしてもミラノーー!冷静と情熱のあいだは
もう私のバイブルですよ!何度読み返したことか・・。私は私の順正とドゥオモで30歳に会うの!と本気で言ってましたから・・。やっぱりミラノは
イタリアの中でも雨が多くて暗い印象なんですかね。
2008-03-01 土 10:53:59 | URL | リンリンRS [編集]
Re[1]:ヨーロッパ回想録 ミラノ編(01/13)
リンリンRSさん、こんばんは。

>体調崩して大変だったんですね。
>旅行中の病気は本当に大変ですよね。気軽に病院も
>いけないし・・・。私もトルコのどこぞの田舎で
>下痢になったときは死にそうでしたよ・・・。

私も南米の帰りにカナダでダウンしたことがあって大変でしたが、
その時は英語が通じたし、知り合いがいたし、今回に比べたら断然ましでした。
どこで何が買えるのかもわからない場所での病気はつらいですね。

>それにしてもミラノーー!冷静と情熱のあいだは
>もう私のバイブルですよ!何度読み返したことか・・。私は私の順正とドゥオモで30歳に会うの!と本気で言ってましたから・・。やっぱりミラノは
>イタリアの中でも雨が多くて暗い印象なんですかね。

私も大好きな話です! 実際にミラノをこの目で見たので、
今は具体的に場面を思い浮かべながら読むことができるのが嬉しいです。
あの約束のフィレンツェのドゥオモ、本当に愛のドゥオモって感じでしたよ。
ミラノは暗くて陰鬱な印象が強かったです。
体調がよくて天気がよかったらまた違ったんでしょうが・・・。
2008-03-02 日 22:18:43 | URL | ルナLuna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。