■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヨーロッパ回想録 スコットランド編 「ヨーロッパ旅行(25503)」

2007年大晦日。この日、私と妹と友達Hは年越しをスコットランドで過ごすべくロンドンからエディンバラに向かいました。エディンバラの空港で出迎えてくれたのは、それより二日くらい前に先にエディンバラ入りしていた友達Cとその彼L。Lは私の同僚でもあり、同じくホリデーでCに会うためにヨーロッパに来てるんです。

スコットランドに来てまずびっくりしたのは、言葉のわからなさ! スコットランド英語がわかりづらいっていうのは覚悟してたけど、あんなにわかりにくいとは! 空港のアナウンスさえ「え? これって英語?」って思うほどでした。思わずHと顔を見合わせて「今のわかった?」って確認しあったんですが、二人ともアナウンスがはっきり聞き取れずじまい・・・。英語ネイティブじゃない私はともかく、Hまで・・・。きっと慣れたらわかるんだろうけど・・・。

スコットランド案内をしてくれたのは一年前まで二年間スコットランドに住んでたL。なんかこの一年ですっかり仲良くなってずいぶん長い間友達やってるような気がするLだけど、よく考えたら彼と知り合ってまだ一年も経ってないんだよねーなんてしみじみ思っちゃいました。人との出会いって不思議です。

まずはLの運転するレンタカーに乗ってエディンバラ郊外のリビングストンへ。あらかじめ予約していたホテルに妹とHと三人でチェックインして一休み。近くのレストランで食事をしたあと、風邪で具合が悪かったCとLは滞在先のLの友人宅へ戻り、私達三人はホテルでのんびり。

カウントダウンはエディンバラのナイトクラブでしました。全く知らない街でカウントダウンするのもなんだか変な感じだったけど・・・。直前に外に出て、エディンバラ城の上にあがった花火も見ることができました。

scotland1

年越しと同時にエディンバラ城の上にあがった花火

元旦はLの運転してくれる車でスコットランド観光をしました。元旦くらいゆっくりできたらよかったんだけど、スコットランド滞在期間がとても短かくてこの日しかフルで観光できる日がなかったんです。

まずはスターリングという町へ行きました。ここはスコットランド独立戦争の舞台となった町で、映画「ブレイブ・ハート」なんかで勇名になった町だそうです。英雄ウィリアム・ウォレスと偶然同じ名字のL。名前が一緒だからなんか割引とかしてもらえるんじゃないのー?とか言ってたんですが、そういうことはないみたいでした(笑)

スターリング(に限らず訪れたスコットランドの町全て)は古い町並みがとても雰囲気があって、なんだかハリーポッターの世界に紛れ込んだみたいでした。特にこの日は雨が降ったり霧が出ていたりしたので、なんだか15世紀くらいにタイムスリップしたような感じ。

scotland2

雰囲気ある町並み

scotland3

夕暮れ時になるとますます雰囲気が出ます

元旦で閉まっているお店が多くてレストラン探しなんかに苦労したけれど、スコットランドの雰囲気ある冬の町並みが見られただけで大満足でした。夕暮れ時に古いお城に行ったり、ヨーロッパらしいものをいろいろ見ることができました。

翌日、一月二日はエディンバラの町を歩いてみることに。エディンバラ城をまず見に行き、それからぐるっと町を歩いて見てまわりました。この日もかなりの寒さで、「さっぶ~。」って何度も言ってたのを妙に覚えてます(笑) エディンバラの町も本当に雰囲気がよくて、今度は夏場に来てみたいなと思いました。

scotland4

エディンバラの町並み

一通りエディンバラ観光をして、次はパリへ行くために空港へ。そこでHとLとCに別れを告げて妹と私はパリに向かったのでした。

スポンサーサイト


ホリデーの過ごし方 | 19:26:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re:ヨーロッパ回想録 スコットランド編(01/02)
スコットランドは使われるのは英語だけなんですか?それとも別にあるのかしら?英語で分かりにくいって
つらいですね・・・。私はロシア人が使う英語に苦労してます^^;同じく分かりづらくって・・・。
それにしても雰囲気ある町並みですね。
古いものが大切にされていて、きっとある程度の
不便は犠牲になってるのかもしれないけど、それでもこの町並みはすばらしいです。
2008-02-10 日 22:44:33 | URL | リンリンRS [編集]
Re[1]:ヨーロッパ回想録 スコットランド編(01/02)
リンリンRSさん、こんばんは。

>スコットランドは使われるのは英語だけなんですか?それとも別にあるのかしら?英語で分かりにくいって
>つらいですね・・・。私はロシア人が使う英語に苦労してます^^;同じく分かりづらくって・・・。

スコットランドの地方によっては独特の言語を話してるらしいですが、
公用語は英語だと思います。確かにみんな英語を話してたし。
でも、アクセントが聞き取りづらくて・・・。
ロシアのアクセントも確かに聞き取りづらいですね。

>それにしても雰囲気ある町並みですね。
>古いものが大切にされていて、きっとある程度の
>不便は犠牲になってるのかもしれないけど、それでもこの町並みはすばらしいです。

こんな町並みの中で生活してる人たちがいるというのが驚きですね。
不便は強いられてるんでしょうが、それでも残す価値がある町並みだと思います。
やっぱり歴史がある国は違うなぁと思った次第です。
2008-02-11 月 22:08:07 | URL | ルナLuna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。