■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっと思い出した昔の話
やっと金曜日になりました♪今週はなんだか忙しかったです。

今日は学校が終わってから友達のお宅にお邪魔しました。そして、そこで夕食までごちそうになってしまいました。カレーすっごく美味しかったです!!話も弾んでついつい長居をしてしまいました。

そこのご夫婦のだんなさんがオーストラリア人なんだけど、彼が日本にいた時にけっこう特別待遇を受けたっていう話がすごく面白かったです。お店で飲んでたら見ず知らずの人におごってもらえたりしたとか・・・。そういえば私も南米に行った時にアジア人だからやたらと珍しがられて、それはそれで面白かったなー。ショッピングセンターで座ってたら、大袈裟じゃなく私の周りに人垣できてたし。

そんなことを考えてたら、ふと昔起きたある出来事を思い出しました。

もう何年も前に大阪に住んでた時に、ヨーロッパから友達が遊びに来てて一緒に造幣局の桜並木にお花見に行ったことがあります。二人で歩いてたら、三人のおばちゃん達に声をかけられました。

おばちゃん 「あら、彼きれいな顔してんのねー。」

彼と私 「え?」

おばちゃん 「まぁー、きれいやわー。モデルさんみたい。」

彼 「そんなことないです。」

おばちゃん 「あら、日本語喋れるの? すごいなー。そうや、一緒に写真撮ってもらお。お姉ちゃん、ちょっと彼氏借りてもいい?」

私 「あ、はい、どうぞ。(いや、彼氏じゃないんで。)」

おばちゃん 「ほんまに? よかったー。じゃあ私腕組まさしてもらお。」

って感じで、三人のおばちゃんはその友達と腕を組んで写真を撮って、ありがとねーって言いながら去っていきました。なんかその勢いに完全に押されて、私たちはしばらくその場で呆然としてました。

今思い出してもかなり笑えます。あの写真どうなったんだろう。誰かのアルバムでその友達がおばちゃんと腕組んで写ってると思うとププッて感じ。
スポンサーサイト


日々のこと | 09:57:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。