■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
保護者面談 「日本語教師のお仕事って♪(2203)」
今日は学校で保護者面談がありました。

日本では保護者面談の時ってたいてい担任の先生と保護者が面談しますよね。オーストラリアでは、先生と話したい保護者がそれぞれの科目の先生とアポイントメントを取って面談します。だから、八年生の担任の私も、日本語をやってるいろいろな学年の親と面談をしなければいけません。

働き出して一年目のころは英語での面談にかなりびびっていた私ですが、もう今となれば慣れたもので、たいていスムーズに全部の面談を終えることができます。でも、一日中笑顔で(愛想笑いで?)話し続けるのもかなり疲れます・・・。

まあ、そんなわけで楽なようなそうでないような保護者面談なんですが・・・今日はちょっと面白い(?)ことがありました。

面談と面談の間に座っていると、ある七年生の女の子とその両親が「アポイントメントをとってないんだけど、先生とお話したいです。」と言って私の前のいすに座りました。

と、ここまではよくある話です。

新学期が始まってまだ五週間で、新入生の名前と顔をやっと全部覚えたくらいなので、突然七年生の面談を申し込まれると、密かに焦ってしまいます。
ひとまず名簿を見てその子がBクラスのシェリダンであることを確認。
彼女のこれまでのひらがなテストの結果なんかを見ながら、「えーっと、シェリダンちゃんはよくがんばってますよー。授業態度もいいし、私のほうは問題ありません。」なんて落ち着いたふうに装って言うと、ご両親も嬉しそうに話を聞いて、しばらく談笑したあと帰っていきました。

ほっとしたのもつかの間・・・。

よくよく名簿を見てみると、そのクラスにはシェリダンという名前の子と、シェリダンという苗字の子がいたんです!! 私が話してたのは名前シェリダンとその両親だったのに、見てたテスト結果は苗字シェリダンのもの・・・。

全然違う子の話してた・・・・。

まあ、名前シェリダンも苗字シェリダンも似たようなテスト結果だったので、話の辻褄は全部合うんだけど・・・・。それにしても・・・・。少なくとも授業態度については本人の話してたのが救いです。

なんて思ってたら、上には上がいました!!

うちの学年主任のD(♂)。彼のところにアポイントメントなしで親が面談を求めてきたそうです。名前を聞いても誰だかいまいちよくわからなかったけど、学年主任なので八年生の誰かの保護者だろう、しかも名前を覚えてないってことはいい子なんだろうと勝手に推測して、適当に「いい子でがんばってますよー、ちょっとおとなしいようですが。」なんて言ってたらしいんです。

それなりにスムーズに面談が終わり、後でわかったことですが、その親はDの生徒の親ではなく、十二年生の英語の先生のD(♀)の生徒だったんです。この二人の先生、性別は違うけど名前が本当によく似ていてよく間違われるんです。

あのご両親は家に帰って娘に「英語の先生に会ったぞ。彼は優しそうだな。」なんて言って、「え? 英語の先生女だけど?」とか言われてるんでしょうか。

想像しただけで笑えます。

こんなのもアリ(?)なオーストラリア、みなさんも一度遊びに来てください!
スポンサーサイト


仕事の話 | 20:06:16 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
Re:保護者面談(03/08)
超フザケタ面談だね。
こんなの嫌だー!!!!!!!!!
でも、いざとなれば生徒だって、「先生間違えて話してるんだよ。私いい子にしてるもん。」みたいな言い訳したりできちゃうのかな?
2006-03-08 水 23:02:10 | URL | 雑種mn [編集]
Re:保護者面談(03/08)
あはは!超適当な感じが笑えます。
でも、親は子供が元気で頑張ってるって分かれば
それで安心するからいいんですね。
きっとあとで別の先生と面談したと分かっても
「いやぁ~!違ったね~」って感じかしら^^
2006-03-09 木 17:44:39 | URL | リンリンRS [編集]
Re:保護者面談(03/08)
日本語の先生は英語の先生と違って、親が先生を間違える心配はなさそうなのでとりあえず安心かも?

それにしても立て続けに親御さんと話すのも疲れますよね~。
おつかれさまでした!
2006-03-10 金 01:00:19 | URL | yuuyuu77 [編集]
Re[1]:保護者面談(03/08)
雑種mnさん、こんばんは。

>超フザケタ面談だね。
>こんなの嫌だー!!!!!!!!!

いやー、担任の生徒だけなら完全に把握してるけど、
全学年の日本語やってる生徒となったら5週間じゃ覚えるの難しいんよー。
でもさすがに別人の話したのは初めて・・・。


>でも、いざとなれば生徒だって、「先生間違えて話してるんだよ。私いい子にしてるもん。」みたいな言い訳したりできちゃうのかな?

してるかもねー。
一人、イタリア語しか喋れないお父さんの通訳として来た子がいたんだけど、
「お前ちゃんと訳してんのかー。」とか思ったよ。
2006-03-10 金 20:35:11 | URL | ルナLuna [編集]
Re[1]:保護者面談(03/08)
リンリンRSさん、こんばんは。

>あはは!超適当な感じが笑えます。
>でも、親は子供が元気で頑張ってるって分かれば
>それで安心するからいいんですね。
>きっとあとで別の先生と面談したと分かっても
>「いやぁ~!違ったね~」って感じかしら^^

どうなんでしょうねー。
こっちが大笑いしたように、保護者のほうも笑ってくれたらいいんですが。
でも、よくわからない生徒の親と話すときって真剣に焦るんですよー。
印象が強くないってことは問題ない場合がほとんどなので、
ベタなことを言ってその場を凌いだDの気持ちもよくわかります・・・。
2006-03-10 金 20:38:58 | URL | ルナLuna [編集]
Re[1]:保護者面談(03/08)
yuuyuu77さん、こんばんは。

>日本語の先生は英語の先生と違って、親が先生を間違える心配はなさそうなのでとりあえず安心かも?

そうですね。でも、うちの学校は今年から日本人の先生が二人で、
全然知らない生徒の親が私の前に座って
「うちのジョシュはどうでしょう?」
なんて言い始め焦りました。ジョシュなんて知らない?と思ってると、
ほかの先生の生徒だってことが判明しました。
適当に相槌うたないでよかったー!!

>それにしても立て続けに親御さんと話すのも疲れますよね~。
>おつかれさまでした!

今学期の面談は一日中だったので疲れました。
しかも面談するにはちょっと早すぎますよね??
2006-03-10 金 20:41:20 | URL | ルナLuna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。