■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フィギュアスケートが終わって

オリンピックのフィギュアスケートが終わりましたねー。4年ぶりにフィギュアを堪能しました。ほんと、毎年オーストラリアでも世界選手権とか放送して欲しいよー。

今日の午後はずーっとエキシビジョンの放送を見てました。もちろんすごくよかったんだけど、なんだかみんな真面目だなーって印象を受けました。昔のキャンデロロなんて、なんか客席から登場して最後は日の丸持って走ってるだけみたいなエキシビジョンをやってたけど・・・(笑) ちなみに私の一番のお気に入りのオリンピックエキシビジョンの演技はソルトレイクの時のアニシナ&ペイザラのSuzannaです。携帯を小道具に使ってたり、アニシナがペイザラを踏んづけたり、おもしろい演出が多かった上にオシャレな感じに楽しいプログラムで、何度見ても飽きません。気の強そうなアニシナとフランス優男って感じのペイザラのイメージによく合ってるし。YouTubeで"Anissina Peizerat Suzanna"の3語を検索かけたら動画が見られます。

今回エキシビジョンで一番好きだったのはアイスダンスで金メダルを取ったヴァーチュ&モイアでした。地元カナダっていうのもあってか、すごく楽しそうでしたねー。モイアがカナダのホッケーチーム(?)の応援トレーナー着てたのもエキシビジョンならではだし。それにしても、この美男美女カップル、まだすごく若いんですね。将来が楽しみです。フリーダンスなんて本当に見ててうっとりしました。

そういえば、アイスダンスで銅メダルだったロシアのドムニナ&シャバリンは、オリジナルダンスの時の衣装がオーストラリアのアボリジニに対する冒涜だってことで結構オーストラリアのメディアに騒がれてて、そういうことでこの国でアイスダンスが注目されるのはちょっと残念でした。ドムニナ&シャバリンは悪気が全くなかったらしいので、そのことばっかり聞かれて可哀想といえば可哀想だったけど、あの衣装は普通にナシだろう・・・と冷静に思いましたよ。何が表現したいのか、全然わかりませんでした。振付師、出て来い~~~!! 

女子シングルですが、真央ちゃんは金メダルじゃなくて残念だったけど、あのキム・ヨナ選手のフリーは本当に素晴らしかったんでしょうがないかな。でも真央ちゃんも素晴らしかったし、銀メダルを獲って悔しくて泣いたっていうその気迫に感動しました。4年後に期待です!

それにしても、アジア選手の台頭がすごいですねー。女子シングル4位のアメリカ代表の子もご両親が日本人ということだし、日本の女子も男子もみんな入賞してるし、女子は上位5位のうち4人がアジア人! ペアも中国の選手が大活躍してたし、一昔前とは全然違うよなぁー。びっくりしました。

オーストラリアでは今年はチャンネル9がオリンピックの放映権を獲得してたんですが、えらいひどい放送の仕方でそれだけが残念でした。夜の9時半からランダムな順番で適当にいろんな種目を放送するもんだから、いつフィギュアになるのかもわからず他のことが全然できない一週間だったよ・・・。その上、不適切なコメントが最初多くて、ちょっと耳を疑う感じでした。男子スケーターの衣装なんかを見て「ゲイっぽい」という趣旨の発言がいくつかあったし、そういうのってすごく残念・・・。メディアにもちょっと叩かれてました。

そして、後日それを埋め合わせるかのように、ジョニー・ウィアーをやたらとゲストで招いてたのはちょっと笑えたけれど・・・。ジョニーのあのキャラ、すっごい好きかもです。エキシビジョンで見られなかったのが残念

ここしばらくフィギュアを見てて、昔のようにフィギュアへの情熱が戻ってきました。ほんと、オーストラリアでももっとフィギュアをやって欲しいよ。そして、アイスショーなんかももっとオーストラリアに来て欲しいよー。



スポンサーサイト
日々のこと | 21:41:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
結婚前に悔いを残さないように!?

私は3月に友達二組の結婚式に参加するんですが、そのうちの一人のHen's Partyに行ってきました。Hen's Partyっていうのはもうすぐ結婚する女の子が女友達だけを集めて結婚前に最後の大騒ぎをするっていうパーティです。

先月もらった招待状には「ヤラ川夜のクルージング フィンガーフード・ドリンク・エンターテイメント付」って書いてあったんですが、このエンターテイメントっていうのが何なのかっていうのがすごく重要。だって、それ次第でその夜の様相がえらく変わってくるから・・・。

そんなことを思いながら、とりあえず集合場所に向かうと、そこには同じようにHen's Partyをする人たちがたくさん来てました。結婚する女の人たちはみんなそれぞれにベールをつけてたり(コン○ーム付のベールつけてる人も!)、タスキをかけてたり。私の友達Aはピンク色の"Bride to be"って書かれたタスキをかけてました。もちろんパーティの主役も招待客も女ばっかり!

係員に誘導されるままに船に乗り込むんですが、まずは入り口でシャンパン入りのグラスをもらいます。そして指定された席に座ってると、今度はウェイターがフィンガーフードを持って回ってきてくれるんですが、この人たち全員上半身裸で蝶ネクタイしてました・・・。なるほど・・・、そういうパーティなのね・・・。てことは、エンターテイメントっていうのもだいたい察しがつきますな

そして船は岸を離れて、160人くらいの女でぎっしりの船内では予想通りの男性ストリップショーが始まったのでした・・・。ショーの中ではもうすぐ結婚する女の子達を前に出して自分達の体を触らせたりいろいろしてて、自分がもしこういうパーティを企画する時は死んでもストリップ系のパーティはやらないと心から思いました。案の定前に出さされてストリッパーの体にオイルを塗らされた友達は、後から必死で手を消毒してました(笑)

なんていうか、男性ストリップショーって見ててきれいなもんじゃないです(笑) それがさー、Bad Educationの時のフェレ・マルティネスみたいにきれいな体の人がやるならまだしも、なんか小太りな人とか、やたらとマッチョな人とか、どうみても50歳くらいなのにまだこんなことやるの?みたいな人とかだったからなおさら!! それでも大騒ぎしてる女の子のグループもいたけれど、なんかねぇ・・・。まあでも、笑える夜であることは間違いなかったです。

最後らへんはもう飽きてしまって、ショーも見ずに私たちはデッキでメルボルンの川沿いのきれいな景色を楽しんでたんですが、それが一番楽しかったかも。

270210

風も気持ちよかったし

ストリップショーの写真もあるんだけど、さすがにそれはブログには載せられませんな(笑) ちなみに最後の一枚を脱いだ後は写真は禁止されてました。そりゃそうだ(笑) ストリップショーをやってる船内を上半身裸のウェイターが歩き回るという何とも異様な空間・・・。一度経験したからもういいや。



日々のこと | 19:55:04 | トラックバック(0) | コメント(6)
フィギュアスケート

オリンピック、盛り上がってますねー。男子フィギュアの高橋大輔選手、日本男子初の表彰台おめでとうございます

オーストラリアではあんまりフィギュアは盛り上がってなくて全然見れてなかったんですが、今朝やっと放送があって金銀銅の3人とジョニー・ウィアー選手のフリーだけ見ることができました。高橋選手は表現力がすごくて驚き!! いつの間にか日本にもあんな選手が誕生してたんですねー。引き込まれて見ちゃいました。

銀メダルのプルシェンコはあんまりハッピーじゃない様子ですね・・・。うーん、ジャンプの軸とかずれてたからなんともいえないけど、無難にすればいいってのはスポーツとしてどうかと思うし難しいところですね。ちなみに、昔4回転ジャンプで活躍してたカナダのエルビス・ストイコはかなり今回の結果を批判してました。でも、みんな高橋選手のメダルは認めてるんじゃないかな。4回転こそ決まらなかったけど、本当にいい演技だったもん。ちなみにメダルが取れなくても唯一オーストラリアで放送されてたウィアー選手! なんなんですかー、あの妖艶な感じは。バラの王冠かぶっちゃってたし! 好きだぞ、そのキャラ。

私は高校生の頃からフィギュアが大好きでずっと見てたんだけど、なにしろオーストラリアでは放送がないのでここ数年は全く見てませんでした。私が見てた当時はフィリップ・キャンデロロ選手がすごい人気で、私ももちろん彼のファンだったんですが、今回懐かしくなって動画サイトでリレハンメル五輪の時のゴッドファーザーの演技と長野五輪の時のダルタニアンの演技を改めて見て感動・・・。ダルタニアンのあの直線の剣を使った場面は今も鳥肌が立ちますな・・・。

で、ついでに大好きだったアイスダンスのグリシュク&プラトフ組の動画も探し、いろいろ懐かしく見ました。私が特にスケートを見てたのはリレハンメルオリンピックから長野オリンピックくらいまでの数年間だったんですが(以降はオーストラリア来ちゃったからなー。)、当時圧倒的な強さでアイスダンスの金メダルを独占してたのがグリシュク&プラトフだったんです。すらっと背の高いプラトフとちょっとコケティッシュな感じのグリシュクが、一旦氷上に出ると素晴らしい世界を見せてくれたなぁー。

私が好きなのはリレハンメルの時のフリーで滑ったロックンロール。この時のスピードと躍動感は今見てもドキドキしちゃいます。当時もビデオに録ってたのを何度も何度も見てました。長野の時はすごく独創的な振り付けでまたそれも素敵だったなぁー。途中でグリシュクがプラトフの足の間を何度もくぐり抜けるという箇所があるんだけど、プラトフの手足の長さを活かした素晴らしいパフォーマンスでした。

で、今はこの二人何をしてるかというと、なんと最近ペアを再結成していくつかのショーで滑ってるらしいです。日本にも長野五輪メモリアルで行って滑ったみたいですね! 二人とも今はコーチをしてるらしく、最近の動画や写真も見たんですが、プラトフ、さすがにちょっと年月が経った感が否めませんでした・・・。なんかちょっと軽くショックです。すっげーおっさんになったとかじゃないんですが、なんとなく・・・。

アイスダンスといえば、先月日本にいた時に新聞で読んだ記事に、ロシアで今スケートがブームって書いてあり、そのブームの火付け役がアイスダンスで五輪銀メダリストのアベルブフなんだそうです。アベルブフといえば、まだ私が高校生の頃に日本ではそんなにメジャーじゃなかったんですがたまたまNHK杯か何かのエキシビジョンで広島に来たのを見に行ってすっかり魅せられちゃって、以来応援してた人なんです。そのアベルブフがスケート番組をプロデュースしたのがすごく人気番組になり、ロシアではスケートブームなんだとか。

アベルブフ、そんなところに才能発揮してたとは・・・

そして、そのアベルブフの昔のパートナーがマリナ・アニシナで、グウェンダル・ペイザラと組んで長野で銅、ソルトレークで金を取った人です。このアニシナ&ペイザラがこれまたすごい美貌カップルで私も好きだったんですが、動画サイトでいろいろ探してみるとペイザラもアニシナもこのロシアのスケート番組に出てたことが判明。この番組、モデルとか歌手とかの有名人がプロスケーターと組んでスケートに挑戦するっていうものなんですが、ペイザラがここで大活躍してました。なんかロシア語だからわかんないんだけど、いろいろ見ちゃったよー。ペイザラ優勝してたし(笑) ある週にはハゲヅラまでつけて演技に臨んでました。頑張ってるのねー。(あ、ちなみにプルシェンコはこの番組でジャッジらしきことをしてました。)

ペイザラってそれにしても男前すぎる・・・。なんかおとぎ話の王子様が現実にいるならば絶対ペイザラみたいに違いないわぁ・・・。あの長い髪にかわいい笑顔・・・。年月経っても全然衰えてないし、マジかっこよすぎです。高校時代友達がすごいファンだったけど、今更ながらその気持ちがよくわかるよー。興味のある人は、"ice star peizerat"のキーワードで検索してみてください。2008年くらいのペイザラのかわいらしさにクラクラくるはず!

そしてアニシナは、その番組でペアを組んだ歌手(?)と結婚したらしく、なぜか出産シーンを使ったその旦那のPVも動画サイトに上がってました。なんかゴツイ感じの人と結婚したのねー。王子様的ペイザラとお似合いだと思ってたんだけどなぁー。しかも私だったら出産シーンなんて絶対に使わせないんだけど・・・(笑) 

そんな感じでツラツラとスケートに関することを書いてみました。あんまりバンクーバーに関したことじゃなくてすみません。何せ、あんまり見れないもんで・・・。



日々のこと | 22:40:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
最近のルナさん 「猫のいる生活(343771)」

メルボルンは結構蒸し暑い日が続いているんですが、ルナは元気にしております。実はルナの顎にニキビみたいなのができてちょっと心配してたんだけど、ネットで調べたらよくある症状って書いてあり、獣医さんに連れて行ったらやっぱり猫アクネと言われて塗り薬をもらい、しばらく塗っていたら治ってきました。完治までもう少しかな。

そんなルナさん、最近流行の遊びは紐に繋げたネズ狩りです。猫テント(通称ルナの巣)を基地として、そこからネズを狙って飛び出してネズをチョイチョイとつついてすぐにダッシュで基地に戻るという遊びを延々と繰り返してますよ・・・。 

1102101

ちゃんと狙いを定めて・・・。

1102102

屋内に干してある洗濯物の下からも狙いますよ・・・。

1102103

出てくるときは体は極力伏せて!!

いやー、楽しそうで何よりですな。



ルナの話 | 21:18:12 | トラックバック(0) | コメント(6)
Los abrazos rotos/抱擁のかけら 「最近観た映画。(182479)」

先日のこと、何気なくmixiニュースを見ていたら、「アルモドバル監督がペネロペ・クルスを絶賛」という記事を発見 私としたことが、アルモドバル監督が新作撮ってたのに気づかないままぼーっとしてました!! 日本で公開されるってことはもうオーストラリアではずいぶん前に公開されたってことなんですが、年末年始に日本行ってたり、帰ってきてテニス漬けになってたりして全然映画をチェックしてなかった・・・。慌てて上映日程を調べると、メルボルンではもう二箇所しか上映してなくて、なんとなく今週末が最後の予感がしたので慌てて今日見に行ってまいりました。

この映画"Los abrazos rotos" (英題 Broken Embraces 邦題 抱擁のかけら)は主演ペネロペ・クルス、共演ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ他というアルモドバル作品でお馴染みの役者陣で製作されてました。ルイス・オマールは最初どう見てもバッド・エデュケーションのべレングエル氏に見えて困っちゃったけど、ペネロペはさすがの美しさでした。彼女、最初ハリウッド映画で見たときはあんまり好きな女優じゃなかったんだけど、スペイン映画に出てるときは本当に輝いてるよなぁー。無邪気なような、妖艶なような、本当に美しい女って感じで・・・。

で、映画そのものについてなんですが、日本では公開中ってことなのでストーリーには触れませんね。

今回はアルモドバル作品の中ではたぶん一般ウケし易い感じかなというのがまず最初の感想です。ストーリーもわかりやすかったと思うんだけど、でも最後らへんで解けきれない謎みたいなのが私の心には残りました。あとは想像するしかないってことかー。ドロドロとした嫉妬や裏切りに塗れた愛も、情熱と尊敬に溢れた愛も、それぞれの人生を彩っていて、その中には許しとか救いがあったりなかったり・・・。そんなことを考えさせられました。

それにしても相変わらず色彩がきれい! 登場人物の服装の色のコントラストとか、部屋のカーペットの模様とか、鮮やかな色の中に見ている自分も染まってるような気がします。

あと、途中のとあるシーンで監督本人が出てたような気がしたのは私だけ? アルモドバル監督は時々茶目っ気で自身の作品にエキストラみたいな感じで出演してる時があるんだけど、なんかそれを一度で発見できたかも。一瞬だったのでもう一度見ないとわからないけど。

なんだかまたスペインに行きたくなってしまいました。


お薦めアルモドバル作品をいくつか

                   

バッド・エデュケーション    ボルベール<帰郷> スタンダード・エディション



映画の話 | 21:47:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
遅ればせながらのウツ初め会

あっという間に気が付いたら二月です・・・。今日から生徒は新学期。新年度が始まりました。仕事のことは順次書いていくとして、実はずっと書きたい書きたいと思いつつ、テニス漬けで書けなかったことを書いていこうと思います。

というわけで、いきなり日本に滞在中のことに遡りますよー。まずは大阪に行った時に行った「ウツ初め会」について。ウツ初め会というのは、ブログでお知り合いになれたウツファンのなえさんが、大阪に行く私の日程に合わせて関西ウツファンの皆さんを集めて年明け早々ウツを称えようということで開いてくれた会なのです。

ウツ初心者の私はもちろん周りに一切ウツ話で盛り上がれる友達もいず、微妙に寂しい思いをしていたんですが、この日はなえさんを始め、シンバさん、cocoonさんというメンバーでまずはパルコ前で待ち合わせ。私は目印にオレンジ色のマフラーをしてますって前もってお伝えしてたんですが、さすが「殿下色」だねって後で言われ、そうだったー!!と今更気が付くウツ初心者。あのオレンジのマフラーを去年日本で買ってはや一年。殿下色だということに気づかなかった私のバカバカ!!

で、四人で連れ立って近くのカラオケへ行き、そこで皆さんが持ち寄ってくれたDVDでウツお薦め映像の上映会となったのでした。ウツ初心者の私を更なる深みに誘うべく皆さんが持ち寄ってくれた映像・・・・・・すばらしかったです!!

私が前もってお願いしておいた、一年前のディナーショーのDVDがその中でもかなりの衝撃でしたー。というのも、元はといえばウツの登場の様子がまるで結婚式の新郎新婦の入場のようだったという噂を聞いてたのでそのDVDをリクエストしてたんですが、それよりもかなりインパクトある映像があったのです・・・。ライブの途中でちょっとMCが入ってるんですが、そん時のウツの驚愕のカタコトっぷりに大爆笑でした。あの日本語、うちの生徒でも添削できるかもです。まあ、そんなカタコトになっちゃうほどテンパッてるウツに4人とも萌えまくりだったと思いますが

他にもいろいろあったのですが、それぞれ皆さん好みがおありのようで、たとえば若かりしころの激しくダンサブルなウツとか、ウツの腕のアップとか(笑)、ポールと戯れるウツとか・・・。いやー、ウツのいろんな顔が見れました。皆さん目の付け所がやっぱり面白くていろいろ勉強になりました。

そしてDVD鑑賞会のあとは焼き鳥屋に行き、そこではU波のパンフレットの「めくってめくってめくったとこのウツ」を見せていただき、御年50歳を過ぎてもなお美形のウツにノックアウトされ、あれやこれやとウツ話に花が咲いて楽しい時間を過ごすことができました。ほんと、わざわざ集まっていただいて感謝です! また機会がありましたらぜひご一緒させていただきたいなぁー。

ウツといえば、まずは今年リリースされるであろう、去年のSMALL NETWORKツアーのDVDが楽しみです。そこにもかっこかわいい映像が満載でありますようにー

そんなわけで、かなり時間が経ってしまいましたがウツ初め会についてでした!



音楽なんかの趣味の話 | 22:26:29 | トラックバック(0) | コメント(12)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。