■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春近し 「猫のいる生活(343769)」

もう八月も終わりですね。メルボルンにももうすぐ春がやってきます。

今日でこそ寒かったけど、昨日一昨日はだいぶ暖かく感じました。昨日、午前中出かけようとして玄関から出て、リビングの窓の外を通ってガレージに向かっていた時のこと。窓ガラスとブラインドの隙間でルナが日向ぼっこを楽しんでいました。

うーん春らしい光景 和みますねぇ。

そう思いながら車に乗ってガレージから車を出し、ガレージの鍵を閉めてもう一度車に乗り込む時にもう一度ルナのほうを振り返ると、ルナはあろうことか仰向けに伸びきった状態で口は半開き、目は白目をむいた状態で寝て(?)いました。

えぇっと・・・、ルナってそういうキャラだったっけ?

思わずびっくりして窓ガラスをコンコンと叩いたら、辛うじて白目むいてたのは改善されましたが、あの状態の猫が窓際で寝てたら通行人はびっくりするだろうなー。うちの窓が道に面してなくて本当によかったです。

ちなみにカメラを持ってなかったのでその時のルナの衝撃の姿は写真に撮れませんでした。

310808

そんなのは撮らんでよろしい

まあ、春がきてルナも私も嬉しいってことで



スポンサーサイト
ルナの話 | 21:53:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
今年もキャンプに行ってきました

今年も8年生の担任をしている私は、毎年恒例の二泊三日冬のブッシュウォーキングキャンプに行ってきました。

先週行ったクラスの担任に話を聞くと、なんと先週はキャンプ中に雪まで降ったとのことで、かなり寒くなるんじゃないかと恐れおののいていたんですが、私たちがキャンプしていた三日間はちょっと小雨が降った程度で寒さもそこまでではなく、まあ無事に帰ってきました。

今年はなんかもう家にアウトドアグッズが全部揃っていて、何も買わなくてすんだなぁー。キャンプ前日にはちゃんと寝袋とバックパックをウォータープルーフ仕様にして準備して、もうこのこなれた感じはそこらへんの素人キャンパーよりはキャンプ通って感じになりつつあります。初めてのキャンプでモタモタしていた数年の前の私に今の私の姿を見せたいわ。

今回のキャンプは最初の二日間かなり霧が出ていて、夜になると50メートル先のトイレをトーチで照らしてもどこにあるか見えないほどでした。そんな霧の山道をひたすら歩く歩く歩く・・・。

2808081

霧の中の林

2808082

カンガルーも霧の中

結構アップダウンが激しい山道なので泣いちゃう生徒もいたりして大変でしたが、まあなんとか励ましあって無事全員で目的地にたどり着くことができました。

2808083

ここがキャンプ地です

2808084

最終日には滝を見に行ったりしてリフレッシュ

忙しすぎて疲れていてあんまり行きたくなかったキャンプだけど、逆に日常から離れることでリラックスできたような気がします。でも生徒と一緒だから大変だったけど。あと三週間でホリデーだから、そうなったらやっとゆっくりできるかなー。



仕事の話 | 23:59:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
ローマ法王って!!

私の知り合いB氏について。

B氏はアメリカ人で、年齢はうちの父より上くらい。10年以上前にとあるイベントがきっかけで知り合い、以来何かと手紙やメールのやり取りをしている人です。10年前にアメリカに行った時にはお宅に泊めていただき、奥様と一緒にいろいろ案内してくれました。

アメリカに行った時以来会う機会がないけれど、毎年のクリスマスカードのやり取りや、何かにつけてのメールのやり取りはずーっと続いています。

さてそんなB氏は今世界中を旅してまわって小説を書いていて、アメリカでは本が何冊か出版されています。そしてこのたび、また新しい本が出版されるそうで、その旨をB氏は知り合いにまとめて知らせようと思ったらしく、グループメールでメールが送られてきました。

「こんなグループメールを送ることになって申し訳ないけれど、僕はあまりコンピューターに詳しくないから、こうする以外にどうしたらいいのかわからないんだ。」って冒頭に書いてあったけど、確かにそういうところは長い間私に独特の字で手書きの手紙をくれ続けていたB氏らしくて、なんとなく微笑ましいのです。

そして、私と同時に同じメールを送られたであろう宛名に並ぶ人の名前を見るともなしに見ていると、ふと目を引く名前を発見。

Pope Benedict (ローマ法王)

ええっ?? すごい人にメール送ってるじゃん!! ヴァチカンのドメインなんて初めて見たよ(笑) いつの間にB氏はローマ法王をメアド交換したんだか(笑)

というわけで、ローマ法王が知り合いの知り合いだったという、世間は狭いわねーというお話でした。



日々のこと | 21:40:35 | トラックバック(0) | コメント(4)
LOTE WEEKなんとか終了 「日本語教師のお仕事って♪(2203)」

今週はうちの学校ではLOTE WEEKでした。毎年LOTE WEEKは私にとっては恐怖のイベントで、とにかく人の話を聞かないマイペースなうちのドメイン(部署)のメンバーたちに振り回されながら、ありえないくらい走り回る羽目になってしまいます。

ある意味、人に振り回されて疲れてしまうという点では、日本旅行の準備のほうがまだましだったかも。

今年ももちろんそんな感じで、でも今年はそれでも新しいスタッフが話がわかる人たちが何人かいてかなりましだったかな。

こういう大きい仕事を中心になってやったりする時、自分の性格ってよくわかってきますよね。そして、人の性格とか仕事ぶりもよく見えてきますね。面白いくらい。

ほんとまとまって仕事をするっていう時には、ありえないくらいクレイジーなうちのドメインだけど(ほんとあのクレイジーさは、メンバーを知らない人たちにはちょっと説明しきれません。あれは経験してこそわかるクレイジーさだと思う。)、なんだかんだ言いながら最終的には笑って一週間を終えられたのはよかったです。結局悪人がいないんだよな、うちには。

そんなわけでLOTE WEEKもなんとか終わり、ほっとする間もなく来週は八年生のキャンプです。寒いだろうし、行きたくないよー



仕事の話 | 21:17:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
小悪魔的猫 「猫のいる生活(343769)」

まずは北島選手、二冠おめでとうございます。すごいですね。気持ちが明るくなりました。

さて、最近仕事がとても忙しいです。日本旅行が終わったら少し余裕ができるはずだったのに、そんな夢見てた余裕なんて幻でした。やらなきゃいけないことが山積みで、とりあえず終わらせられるものから順に片付けていく日々。もっとゆとりを持っていろいろしたいのに・・・。

そんな感じでイライラしながら家に帰ってきた私を癒してくれるのがルナ。家に入ってルナの顔を見ながら、

「るんちゃーん、ただいま~。おりこうにしてた~?

って文字通り猫なで声を出した瞬間に、気持ちが仕事モードからリラックスモードに入れ替わるから不思議。

そんな癒し担当のルナさん、夕べはなかなかの問題児でございました。

晩御飯の後、ソファに座ってオリンピックをみてる私の膝の上でぐっすり寝ていたルナ。いつもなら走り回る時間にもずーっと寝ていました。私も疲れていたので早目に寝ることにして寝室へ。

電気を消してさあ寝るぞと思ったら、チリンチリンと目を覚ましたルナの鈴の音が・・・。

1408081

あそぶのわすれるとこだったー。

そこからは大運動会の始まりです orz 

「もう寝たいんですけど」っていう私の願いは却下され、リビングと寝室を縦横無尽に駆け回るやたらと元気なルナ・・・。

1408082

やっぱあそんでもらわなきゃ♪

すっかり遊びモードになったお嬢様は当分バタバタと走り回っていました。やっと静かになって私が眠りにつくことができたのは12時くらい・・・。

でも、それだけでは終わらなかったんです。寝てる頭をチョイチョイ突かれて目が覚めると、枕元で私の顔を覗き込むルナ。布団に入りたいのかなと思って入れてやろうとしても断固拒否。時計を見ると午前二時過ぎ。なんでこんな時間に?と思いつつ、また寝ようとすると、また頭を突くルナ。

「何なの~?」

と軽く文句を言って、布団にもぐりこんで寝ようとしたら、今度は枕元のに置いてある本や目覚まし時計を落とし始める我儘お嬢様。こうなると私の負けなんですが、なんでそんな行動に出るのかわかりません。

ちょっと考えてみると、そういえば晩御飯が少なかったのかもということに思い当たりました。だいたい一気食いをしないルナは、朝晩与えるカリカリを気が向いた時に少量ずつ食べるんですが、そういえば寝る前にチラッと見た時に餌入れが空になってたような・・・。いつもと同量やったつもりだったんだけど、少なかったのかな?

1408084

ちゃんとそのへん気をつかってよねー。

仕方ないので二時半くらいに寒い中起きて餌入れにカリカリを少量入れてやると、大喜びで食べ始めるルナ。やっぱりお腹が空いてたのね・・・。

1408083

ルナLunaなんてあたしの思うがまま~♪

早く寝てしっかり疲れをとるはずが、結局寝不足のまま今日は学校に行ってきました。ルナ、今日はおとなしくちゃんと寝てね・・・。



ルナの話 | 22:09:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
北京オリンピック

北京オリンピック、盛り上がってますねー。

テニス以外のスポーツにほとんど興味がない私にとってでも、オリンピックはなんとなく心躍るイベントです。開会式も結局ずーっと生で見ちゃいました。最初のパフォーマンスがすごかったですね。選手入場が長くて途中で寝てしまいそうになりつつ、でもスペインの選手団の中にナダルや、スイスの旗手を務めたフェデラーなんかを見ていて、結局夜中の二時まで起きてましたよ。

さてさて、日本は今のところ金メダルが二つ。

今日の北島選手の決勝は朝からずっと気になってたレースで、でももちろん仕事があるから生で見られるはずもなく、お昼休みにネットで結果を知りました。さすが北島、やってくれましたねー。ニュース読んでるだけでも日本中の感動が伝わってきました。北島選手、すごいプレッシャーの中でこの四年間やってきたんだろうなー。25歳という若さですごいよ。

そして、柔道の内柴選手。ネットで金メダルを取った時の動画を見たんだけど、試合自体は私は柔道のことがわからないので「へぇー」と思っただけだったけど、そのあと観客席の奥さんと息子さんに向かって喜びを表してたのが感動的でした。あれにじーんときた人は多いんじゃないかな。

オリンピックでは、競技そのものより、その中で見せてもらえるドラマに感動しますよね。日本人だからといってよく知らない選手を応援する妙な連帯感もオリンピックならでは。

ところで、今のところ、日本のメダルは金×2銅×2だけど、オーストラリアは金×2銅×3で、オーストラリアが微妙にリードしてます。生徒に自慢するためにも、日本の選手の皆さん、メダルの数でオーストラリアに勝ちましょう!(笑)



日々のこと | 21:17:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
時は来たれり

今日、書留で手紙が一通届きました。中を見てみると、

「家賃値上げのお知らせ」

きゃー!!

ブログでは書いてなかったけど、この一年半ほどの間、六ヶ月毎に家賃が値上がりしてたんです。そして、最後の値上げから半年近くになり、そろそろくるかなと思ってたらやっぱり・・・。しかも思ったよりも多額の値上げ・・・。

もともと今の家は広さと綺麗さとエリアの割にはとても安く借りられていた場所で、だからこそ気に入って3年半も住んでました。でも今のメルボルンはシティの近くのあらゆるエリアでどんどん家賃の平均が上がってきていて、わりと便利なところにある今の家がその波を無視できるはずもなく、この値上がりも仕方がないといえば仕方がないこと・・・。

とは言え、一人暮らしの身にはかなりきつい今回の値上げ。払っていけないことはないけど、そんな大金を毎月払うのもかなり厳しいですよね。いろいろ将来のために貯金もしたいし・・・。

というわけで、引っ越すことになりそうです。できれば九月のホリデー中に。賃貸物件激戦時代にペット連れで物件が見つかるのかどうかわかりませんが、とりあえず近々物件を探し始めます。いい所が見つかるといいけれど・・・。

070808

どこに行くにも一緒だよ♪



日々のこと | 22:05:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
とっても嬉しいんだけど・・・。 「猫のいる生活(343769)」

今日、学校の全校集会で日本旅行に行った生徒たちが自分たちの体験について発表しました。そして、旅行を準備して引率した私に、素敵なサプライズを用意してくれていたんです。

0508081

なんと! とっても大きな花束!

もちろんこんな花束を頂いたことはとっても嬉しかったんですが、日本旅行のお礼の花束といえば、私にとってはすごいトラウマ・・・。二年前、貰った花束に入ってたユリを齧ってルナがユリ中毒をおこし一時は重体に陥ったばかりか、治療費に500ドルくらいかかったという苦い思い出が・・・。そして、今回もしっかりユリが入ってるじゃないですか!! 実はこの花束を注文した副校長Sは花屋にユリ抜きでって頼んでたみたいなんですが、伝達ミスでユリが入ってたらしいです。

Sはユリのことをとっても申し訳なさそうにしてたけど、もちろん気持ちはとっても嬉しかったから家まで持って帰ってきましたよ。でも、花束はルナが入れないバスルームにひっそりと飾られることとなりました。

0508082

滅多に出番のない花瓶登場

0508083

狭いバスルームに不釣合いなゴージャスな花束

リビングに飾れないのは残念だけど、バスルームに入るたびにこの花束を見るのは幸せなことです。ルナが入らないように、本当に気をつけなきゃいけません。まあ普段も滅多に入ることがないようにしてるので大丈夫かな。

さあ、そんなルナ姫、さっきから花束のリボンが気になってるみたいです。

0508084

気になるけど、ちょっと怖い様子・・・。

0508085

勇気を出してガブリ!

ちなみに下の写真は、2メートルくらい離れた巣穴からリボンを狙ってる顔。瞳孔まんまるで、口元ぷっくりなのがかわいすぎます。

0508086

全神経集中!!

今回はユリには触らず、元気に春を迎えようね♪



ルナの話 | 22:00:21 | トラックバック(0) | コメント(8)
有意義な日曜日

今日はなんだかいい一日でした。

朝はゆっくりネットなどして、友達のHとうちの近くでランチ。ずっと行きたいと思ってたカフェに行ってきました。カンガルーの肉をのせたカボチャとビートルートとピスタチオのサラダを頼んだんだけど、これが絶品 お肉が柔らかくて美味しかったし、カボチャとビートルートの組み合わせがすごく良かったです。あのサラダ、うちでも作れないかなー。

ランチの後は家に帰って思い切って大掃除。家中掃除機をかけただけじゃなく、ルナを寝室に閉じ込めてキッチンからリビングからバスルーム、トイレまで全部床をモップがけして、洗面所やキッチンのシンクも全て漂白しました。ルナは全て乾いて匂いが消えるまで寝室に閉じ込めたのでちょっと不満げでしたが、安全のためには仕方ありません。ペットに安全な洗剤ってあるのかなー。

その後は冷蔵庫にあったそろそろ使わないとやばい感じのキャベツを使ってキャベツのドライカレーを作りました。ベーコンと松の実と粒マスタードを使ったレシピで、私の得意料理なんです。

0308081

色合いがあんまりよくないのが難点・・・

その後はのんびりDVDを見たり、ネットをしたり・・・。もちろん目の前にはルナお嬢様。寝室に閉じ込められたり、嫌いなブラッシングをされたりしてご機嫌斜めだったルナだけど、今は目の前で「遊んで♪ 撫でて♪」攻撃を展開しています。

0308082

あたしと遊ぶ時間でしょ?

0308083

はふ~ん

あーあ、毎日こんな日曜日だったらいいのになぁー。



日々のこと | 21:58:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本旅行回想録 東京編

広島を出発して新幹線に乗り、生徒16人を連れた日本旅行もいよいよ最終目的地の東京に到着しました。

東京は何よりも移動が大変。これまでいたどの街よりも人が多いし忙しいので、生徒を見失うんじゃないかってとっても心配でした。まず一番気がかりだったのはスーツケースを持って電車を乗り継いで神保町のホテルまでたどり着けるかってこと・・・。電車を乗り換える度に、一度に同じ電車に乗れるようにホームに散らばって、副校長Sと私は連携して生徒が全員電車に乗ったことを瞬時に確認しなければいけません。本当に神経を使いました・・・。

この時以降も、東京で移動するときは常に私が先頭に立ち、身長190cmのSは長身を生かして最後尾を歩きながら常に私とSの間に16人の生徒の姿があるか確認しながら歩き、私は私で振り返ってSの姿が見えなかったら立ち止まってSが視界に入るまで動かないというシステムで団体で行動。背が低い私は人混みに紛れがちなので、一番背が高い生徒を目印代わりに隣を歩かせ移動・・・。大都会って大変だわ・・・。

東京に着いた午後、ホテルに荷物を置いてまず行ったのは秋葉原。ここでカメラなんかを買おうと思っている外国人は結構多いんです。そして、私はここで昔の生徒で今日本に留学中のMと久々に会うことができました。高校時代頑張って私のクラスで日本語を勉強して、今は念願の日本留学中のM。

「日本にいる今の僕を一番見て欲しいのはやっぱり先生なんだ。」

なんてかわいいことを言ってくれました。こういう生徒の一言で、教師は明日からも頑張ろうって思うんだよな。元気をくれてありがとう。Mが日本留学を楽しんでるのは写真やメールで知ってたけど、本当に日本の生活を楽しんでる様子を目の当たりにできて安心しました。

さて、秋葉原では生徒と副校長Sはデジカメを購入。その日に作ったポイントカードのポイントを即日使わせてくれなきゃいやだとか、我儘ばっかり言ったのを聞いてくれた秋葉原の某ショップの店員さん、どうもありがとう。みんな思ってた商品が安く買えて大喜びでした。

さあ、そしてその後は大都会東京の夜景を見るべく東京タワーへ。実は私、東京タワーに行くのは人生初。

tokyo1

東京タワーってすごく美しいんですね

tokyo2

大都会の夜景を満喫

ちょうど七夕前でイベントがあったらしく、かなり並ぶ羽目になってしまいましたが、生徒たちも東京タワーからの夜景を楽しんでくれたようです。

そして、翌日は生徒たちが何年も前からずーっと楽しみにしていたディズニーランドに行ってきました! 朝の9時に着いて、閉園時間近くまでいたから12時間以上! たっぷりとディズニーの世界に浸ってきました。

tokyo3 

パレードでうまいこと撮れたミニーの写真

tokyo4

トランポリンで楽しそうに飛び跳ねてたティガー

tokyo5

もちろん夜のパレードも♪

暑い中一日中遊んだので疲れましたが、生徒たちは本当に楽しかったみたいです。

さて、翌日は日本最後の日。夕方には空港に向かわなければいけないので、昼間は原宿に行きました。最後に買い物をしたいっていう生徒たちがたくさんいたのと、私も買い物がしたかったのもあり、表参道のあたりで自由行動に。

家では奥さんと娘さん3人の女4人に囲まれて暮らしているSは、それぞれへのお土産を買うので大忙し。ラフォーレで奥さんに素敵なバッグとお揃いの財布、そしてネックレスを買い、娘さんには色違いのコンバースを。Sは男の人の割には買い物する時にすごく辛抱強くて不思議だったんだけど、よく考えたら女4人に囲まれてるんだもんなーとちょっと納得しながら最後の買い物三昧。

みんなそれぞれ思い思いの買い物を済ませ、ホテルに荷物を取りに戻っていざ空港へ出発。生徒たちは「まだ帰りたくない、日本にもっと長くいたい! 絶対また戻ってくるんだ!」と口々に言っていましたが、私は結構もう疲れていたので飛行機に乗ったときはちょっとほっとしました。

こうして日本旅行は無事に終了。何事もなく全員を無事に連れて帰れてよかったです。今回は準備からほぼ全部一人でやったので本当に大変でしたが、これができたってことはかなり自信につながりました。やった甲斐ありです。



仕事の話 | 21:16:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
日本旅行回想録 広島編

さて、次の目的地は広島。まずは二年前の日本旅行でホームステイなんかを準備して一週間私たちを受け入れてくれた私の母校である某女子校にご挨拶に向かいました。ちょうどお昼休み時間だったので、うちの生徒と母校の生徒さんとの交流会も持つことができました。それにしても二年前に来たときも思ったけれど、自分が勉強していた教室に大人になってから、しかも自分の生徒を連れてやって来るのは変な感じです。

ちなみに、思い出深い教室がある高校校舎はもうすぐ取り壊しで新しい校舎が建設されるとか・・・。次回ここに来るときはもうあの校舎はないんだと思うと、今回訪問できてよかったです。

母校を訪問したあとは、平和記念公園へ。

hiroshima1

原爆ドーム

広島出身の私にとっては常に日常生活の中にあった原爆ドームも生徒たちにとったら「あの原爆ドーム」なんですよね。そういえば、7年生の授業でやってた日本に関する自由研究で平和公園についてのリサーチをしてた子も何人もいたなぁ。そんな生徒たちにとっては、原爆ドームを目の前にしているということが本当に感慨深いことのようでした。

hiroshima2

原爆死没者慰霊碑

そして、生徒を連れて資料館へ。私は知らなかったんだけど、資料館は海外からの学生の団体は無料で入れるようです。(国内もかも?) 普通にお金を払っても50円なんですが。そういう入館料金の安さも、原爆の怖さを知らせようという広島の気持ちの表れなんだろうな。

何度も行ったことがある資料館ですが、何度行っても胸に迫ってくるものがあり、展示を見ていると時間を忘れます。生徒たちも食い入る様に展示を見ていました。一時間半後に出口に集合ってことにしてたんだけど、みんな一時間半では全部を見られなかったみたいで、次回からは二時間は時間をとろうと思いました。これから資料館に行かれる方は参考までに。

その後、暑さでかなりぐったりしたので、公園内でいくつかの碑を見た後爆心地を見に行き、広電(路面電車)に乗ってホテルへ戻って休みました。そして、夕飯は広島名物お好み焼きを食べるべく広島駅ビルのお好み焼きフロアへ。

hiroshima3

目の前の鉄板で焼いてくれます

hiroshima4

やっぱり広島のお好み焼き最高!!

ご飯を食べてると、仕事帰りの父が顔を見せてくれました。今回は広島滞在といえども、16人のコブ付なので実家に帰ることもままならず、こうやって外で家族と会うのが精一杯。うちの実家の猫ハナちゃんとミミちゃんにも会えずじまいでした。

翌日の宮島観光はうちの両親も同行。兄も宮島口駅まで会いに来てくれました。

さて、宮島といえば水の中に建っている大鳥居ですが、気が付けば今回は大鳥居の写真を一枚も撮っていませんでした。確かに、何度も宮島に行ってるので大鳥居の写真は山ほどあるんだけど、それにしても忘れるとは・・・。私、宮島に対して緊張感をなくしてないか?(笑)

hiroshima5

朱色が映える厳島神社の回廊

かなり暑かった日だったので歩き回って疲れてしまいましたが、それにしても宮島はやっぱりのんびりしてていいですね。お昼にアナゴ丼を食べて、土産物屋が並ぶ通りでいろいろ買い物をしました。両親が生徒全員にもみじ饅頭を買ってくれたんですが、馴染みやすいチョコレート味とクリーム味だったので、みんな喜んで食べてました。

そして両親に別れを告げて広島市内へ。実はこの時がこの旅行中一番気が弱った時かも。ずーっと生徒を連れて気が張ってたのに、両親の顔を見るとやっぱり気が弱くなるんですよね、なんとなく。ひたすら実家に帰りたいって思ってました。

そうは言っててもそんなわけにはいかないので、みんなと一緒にホテルへ。しばらくホテルで休んだあと、広島の繁華街である本通りへ。また買い物タイム(笑)。私は広島ならどこにどんな店があるかよくわかっているので、かなり的確に店を選んで、化粧品など効率よく購入(笑)。そして、夜の原爆ドームを見てからホテルに帰りました。

翌日は新幹線で旅の最終目的地である東京へ出発です。



仕事の話 | 23:14:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
日本旅行回想録 関西編

札幌で姉妹校の皆さんに別れを告げて、次に向かった先は関西。私は大学時代に大阪に住んでいたので、やっと馴染みのある街に来て日本に帰ったことを実感。宿泊はJR京都駅のすぐ近くのホテルだったので、観光にもとても便利でした。京都には三泊したんだけど、初日は到着したのが夕方近くだったので特にできることもなく、京都駅ビルをうろうろするのみ。京都タワーにも上り、暮れゆく京都の街並みを楽しみました。

翌日は京都市内のバス一日券を購入して京都観光へ。

kyoto1

まずは、日本旅行のパンフレットなんかにもよく出てくる金閣寺

kyoto2

逆さにして写真撮ってみると、なかなか幻想的な感じ

kyoto3

その後、街の反対側にある清水寺へ

kyoto4

清水の舞台

金閣寺と清水寺という二大観光スポットを周った後は、四条へ向かいしばらく自由行動に。四条大橋を集合場所に定めて、それぞれ買い物をしに散らばっていきました。私は大学時代は京阪沿線に住んでいたので、四条のあたりにもよく買い物に来ていたので本当に懐かしかったです。いいなぁ、京都。もし日本に帰ってきたら京都に住むのもいいかも。

その後、夕飯を食べたあと夕暮れ時の祇園へ。運が良ければ舞妓さんが見られるかもと思ったんですが、今回は見られず・・・。でも、祇園の風情ある雰囲気だけは味わうことができました。

kyoto5

夕暮れの祇園の町並み

翌日は京都から足を延ばして奈良に行ってきました。

nara1

奈良公園では鹿がこんにちは

nara2

日本が世界に誇る文化財、東大寺

nara3

奈良の大仏さん

私はこの東大寺でひいたおみくじが凶だったというかなりテンション下がる有様・・・。でもまあ気を取り直して暑い中東大寺からJRの駅まで歩いてました。

グループを先導しながらなんだかんだと生徒と話しながら横断歩道を渡っていると、向こうから渡ってきた人が私に近寄ってきて、携帯電話で私を突いてきました。「はぁ?」っと思ってその人の顔を見ると、なんと友達のJ!! Jは今関西に住んでるフィンランド人で、奈良で働いています。前の晩に電話で話して奈良観光の後大阪に行くから梅田でご飯を食べる約束はしてたんだけど、まさか奈良でばったり会うとは!

生徒たちはおみくじで凶をひいてたルナLuna先生が道端でいきなり見ず知らずの男に声をかけられ嬉しげに話していたので、「これも大仏のご利益か?」と色めきたっていましたが、残念ながらそんなおいしい話は世間にはないのです(笑)。

その後、私たち一行は大阪に向かい、梅田のHEP5で買い物をして、ビルの上にある観覧車に乗って大阪の夕暮れの街並みを楽しみました。この観覧車、毎回生徒たちがすごく喜ぶんだよなー。そして、仕事が終わって梅田に来たJも一緒に食事をして、また電車に乗って京都のホテルへ。関西は盛りだくさんな三日間でした。

本当は京都には行ってみたいマイナーなお寺がいろいろあるんだけど、学校の引率だと主要スポットしか行けなくてちょっと残念です。次回日本に帰ったときはゆっくり京都を巡る旅にでも出ようかな。

さて、次の目的地はわが故郷広島です。



仕事の話 | 22:14:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本旅行回想録 札幌編

生徒16名を連れた日本旅行。まず、最初の目的地は姉妹校がある札幌でした。

sapporo1

札幌といえば時計台

ここで生徒たちは一週間、姉妹校の生徒さんのおうちにホームステイをさせていただくのです。千歳空港まで姉妹校の担当者の方にバスで迎えに来ていただき、一路札幌市内へ。洞爺湖サミット前の札幌はかなり警戒態勢が厳しいらしく、そこら中に警官の姿がありました。

到着した姉妹校では、日曜日にも関わらず校長先生、教頭先生、またホストファミリーの皆さんが歓迎してくださいました。うちの生徒たちはいよいよ「日本の人たち」との交流が始まるのでちょっと緊張の面持ち。簡単な歓迎会の後、心細そうな顔をしながらそれぞれのホストファミリーと一緒に行ってしまいました。

さて、生徒をずーっと引率せずにすむのはホームステイをする札幌滞在中のみ。ってことで、副校長のSと私は早速生徒のいぬ間に美味しいものを食べるべく(笑)、札幌市内へ。Sとは前回の日本旅行も一緒にやったので結構気心が知れていて気が楽なのです。何でも食べてくれるし、一緒に旅行する相手として申し分なし。その上、スタッフを育てることに情熱を燃やしてるSは、私のようなそろそろステップアップしたい中堅スタッフにとっては最適な相談相手なのです。

sapporo2

初日は地元の人お薦めのスープカレー。ポークが柔らかくて美味♪

生徒のホームステイ中は、私とSは札幌市内のビジネスホテルに連泊。このホテル、ネットで探したんだけど、値段の割には部屋も広くて清潔で快適でした。札幌に行く人にはお薦めできます。

  ビジネスイン ノルテ

さて、翌日から生徒たちは一週間日本の学校生活を体験するわけですが、姉妹校さんがうちの生徒たちのためにいろいろなアクティビティを用意してくださっていました。書道や茶道、お好み焼き作りなどなど・・・。オーストラリアではなかなか体験できない貴重な経験をさせてもらいました。

そして日帰りで小樽に行ったり、同じ日にさくらんぼ狩りもさせてもらいました。

sapporo3

青空に映えるさくらんぼ

sapporo4

のんびりとした小樽運河

sapporo5

何より楽しみにしていた海鮮丼

札幌に行くと決まった時点で私の頭の中は海の幸でいっぱいだったので、念願の海鮮丼が食べられて幸せいっぱいでした。小樽は今度はのんびり個人で来てみたいなぁ。今回はあまり長い時間を過ごせなかったので。

生徒たちはすぐにホストファミリーとも打ち解け、楽しい一週間を過ごさせていただいたようです。だんだん私との会話の中にも日本語が増えてきて、日本語を使うことに少し慣れてきた様子。この週には体育祭もあり、生徒たちは日本の高校の体育祭に参加するという貴重な体験もさせていただけました。

私とSは連日忙しく疲れ果ててはいましたが、連日楽しく過ごさせてもらいました。予定の入ってない日は美味しいものを探すべく二人で札幌市内を歩き回るのも楽しかったし、疲れ果てて足ツボマッサージに行ったりしたのもいい思い出です。

札幌は公園や緑が多くて本当にいい街でした。まるで日本じゃないみたい。やっぱり北海道は違うなーと実感しました。そして、食べ物がとっても美味しいです♪ 自慢がてら写真を何枚かどうぞー。

sapporo6

回っていないお鮨屋さんで頂いたお鮨

sapporo7

居酒屋で食べた牡丹海老と烏賊のお刺身

食べ物の写真ばっかりで本当に恐縮ですが、本当にうちの姉妹校が北海道でよかったとしみじみ思った一週間でした(笑)。

そして一週間の滞在日程を終え、一行は本州へ向かいます。



仕事の話 | 20:53:27 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。