■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バーベキューと黒猫

土曜日は友達のバースデーパーティでした。友達のお宅でバーベキューをすることになり、バジルのパスタサラダを作り、お肉を買って友人宅へ。この日は天気がすごく良くて、暑いくらいでした。庭に座ってビールを飲みながらずっと話してたからちょっと日焼けしちゃったかも・・・。こういう休日の過ごし方っていいですよね。午後中ずっと気の合う人たちと話しながら外に座ってるのはとっても気持ちいいことです。今からの季節はどんどんこういうことが楽しくなるだろうなー。

今朝未明からはメルボルンはサマータイムに突入して、時間が一時間これまでからずれています。日本との時差も一時間から二時間へ。サマータイムが始まると、夜遅くまで外が明るいからとっても気分が明るくなります。まだ寒かったり暑かったり変な気候が続くけど、夏が近づいてきてるんだなーなんて実感できるし。

ところで昨日、友達の家に行こうと家を出たときにあの黒猫ちゃんがやってきました。遠目に私の姿を見るなり一目散にミャーミャー言いながら駆け寄ってきてくれてちょっと嬉しかった猫好きの私・・・。相変わらず首輪もなし、避妊手術の跡もなかったのがちょっと疑問ですが、ちゃんと飼い主さんの所に帰ったってことが確認できて私も安心しました。これからもちょくちょく顔を見せてくれるといいなぁーー。

さあ、サマータイムになって何事も一時間早く行動しなければいけないのでそろそろ寝まーす。みなさん、良い一週間を!



スポンサーサイト
日々のこと | 21:30:59 | トラックバック(0) | コメント(12)
ハッピーバースデイ、ルナ 「猫のいる生活(343769)」

更新が遅くなってしまいましたが、24日はうちの箱入り娘ルナ嬢の三歳の誕生日でした。生後12週でシェルターから引き取ってきたので、あくまで推定の誕生日ですが・・・。

あいにくこの日は学校で夜遅くまでイベントがあって11時くらいまで帰ってこれず、何も特別なことはしていませんが、いちおうめでたい日です

2410071

ルナ、誕生日おめでとう!

ルナは誕生日って概念も持ってないから特に何の感慨もないだろうけど、こうして年を数えていくことはやっぱり嬉しいことだと思います。

同じような毛色の兄弟姉妹に紛れて生後12週の時にシェルターでミャーミャー鳴いてたルナ。あの時一緒のケージに入ってたルナの兄弟たちがメルボルンのどこかで元気に三歳を迎えてるといいなぁ。そしてルナ、うちに来てくれてありがとう。ルナがうちに来て幸せだと思ってくれてるといいなぁと寝顔を見ながら思っています。

2410072

これからも甘やかさせていただきます!



未分類 | 20:36:55 | トラックバック(0) | コメント(10)
鍼灸と漢方

何回かこのブログで書いたことがありますが、私はアトピー持ちです。特に今年の上旬はとってもひどくなって、顔に湿疹が出たりしたのが悩みの種だったんですが、食生活に気をつけたりして一時期ほどは酷くなくなっていました。でもまだ背中や肩の痒みが消えないのがいやで、なんとかいい方法はないかなーとずっと思っていたんです。

そんな折、友達の従姉が近くにある鍼灸院に通い始めてかなり絶賛しているという話を聞きました。その人はアトピーが原因で鍼をしているわけじゃないんですが、アトピーに漢方や鍼が効くかもなんて思って興味があったので、思い切って行ってみることにしました。

そんなわけで初めて行ったのがかれこれ四週間前。この鍼灸院は本当に小ぎれいで、心からリラックスできる雰囲気が作られています。ほんと、用事がなくても行って待合室で座っていたいくらい!

四週間前に初めて行った時に、先生は私の舌と脈を診ていろんなことを言い当ててくれました。舌と脈だけでなんであんなにいろいろわかるのか謎なんですが、生活習慣とかいろいろ言い当てられるんです!! それで、いただいたアドバイスが「とにかく水をたくさん飲むこと」です。

確かに水分摂取量が少なかった私・・・。水分が足りてないと、体に溜まった老廃物を流して捨てることができないから、排出できない毒素みたいなものが皮膚に影響を及ぼしてるんだそうです。ふーむなるほど。水分が足りないせいで、疲れも溜まりやすい体になっていたそうです。確かに思い当たる点が多くて深く納得。これまで西洋医学で皮膚だけを見て症状を抑える塗り薬なんかを貰っていましたが、東洋医学の体全体の状態を診る方法のほうがなんだか信用できるような気がして、先生に言われたことをきちんと実行することにしました。

二週間に一回通院した際には、鍼のほかにマッサージやカッピング、棒灸までしてくれてかなりリラックスできるんですが、そのほかに普段は水をしっかり飲んで、処方してくれた漢方のカプセルも容量どおり飲んできました。

そしてはや四週間。今日は三回目の通院だったんですが、まず、肌の調子が四週間前と全然違います。断然背中や肩の痒みがなくなりました。まだ運動して汗をかいたり、ジャンクフードを食べたりすると痒みが出るんですが、恒常的な痒さは治まっています。おでこにしつこく残ってたカサカサした痒い部分もきれいに消えたし・・・。

先生が今日私の舌を見たときに、

"Good!!"

って言ってました。舌を見ただけで何がGoodなのか私にはさっぱりわかりませんが、ここ四週間頑張って水を飲んでた効果がいい具合に現れてるそうです。

鍼灸院、これまでちょっと怖いイメージがあって足を踏み入れる勇気がなかったんですが、思い切って行ってみて正解でした。また、担当の先生がすっごく穏やかで優しそうな女性で、ほんといつもゆったりした気持ちになれます。この調子でうまくアトピーが治りますように!!



日々のこと | 21:51:11 | トラックバック(0) | コメント(4)
マドリッド・マスターズ/ピンクリボンキャンペーン

まずは久々のテニスネタでございます。

マドリッドでのマスターズシリーズ、ダビ(ナルバンディアン)が快進撃を続けてたのは知ってたけど、なーんと優勝してくれました!! 決勝戦でフェデラーを破っての優勝です! 今年はイマイチぱっとした記録を残してなくて心配してたんですが、こうしてタイトルを獲ってくれて安心しました。地上波放送されてないので試合は見られなかったけど、スコアを見てにんまりです。フェデラーも応援してるんだけど。

今年の一月にはAAMIクラシック全豪オープンで計三回も生で試合を見たダビは私の中でかなり贔屓の選手なので、活躍する話を聞くのは嬉しいのです。彼には絶対に一度はグランドスラム優勝を遂げて欲しいのですが、来年はどうかなぁ・・・。

ところでテニスといえば、男子テニスの八百長疑惑が話題になってます。賭けのためにわざと棄権したりした選手がいたとかいないとか・・・・。本当だったらファンとしてはショックですね。しかもニコライ・ダビデンコみたいな高ランキングの選手も名前が挙がってて、事実が明らかになったときにどんな処分になるのか気になります。

ところで、今朝、職場で配られた新聞を見てびっくり。

NEWSPAPER

だってピンク色だったんだもん!!(上が今日の新聞で、下が先週の新聞です)

というのも、今日はピンクリボンデーだったのです。ピンクリボンというのは、乳癌撲滅キャンペーンのシンボルで、今月はこのピンクリボンキャンペーンに協賛した商品をいろいろなところで目にします。協賛商品を買うと売り上げの一部が乳癌の研究施設なんかに寄付されるんです。ピンクのTimTam(オーストラリアの有名なチョコレートビスケット)まであるんですよ!

私の知り合いの人は数年前まだ20代だったのに乳癌で亡くなりました。いつのまにか私は彼女の年齢を超えてしまったんですね。亡くなる数ヶ月前に一緒にキャンプに行った時の彼女と、彼女のお葬式の時の情景がいつまでも忘れられません。彼女や彼女と親しかった人たちが感じたような苦しみを感じる人が一人でも少なくてすむように、私もこのキャンペーンには毎年協力しようと思っています。

癌は早期発見が何よりも大切! 乳癌に限らず、皆さん検診を受けましょう!



テニス観戦大好き | 22:09:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
黒猫ちゃん飼い主発見 「猫のいる生活(343769)」

いいニュースです

今朝黒猫ちゃんのその後について動物病院に問い合わせたところ、飼い主さんが名乗り出たとのことです。私が作ったチラシを見て電話があったらしく、黒猫ちゃんは避妊手術をしてから戻ってくるとか。

よかったー。結局飼い猫だったんですね。人の猫を私が勝手にシェルターに連れて行っちゃったんだろうけど、あのまま首輪もマイクロチップもないまま外にいるよりはよかったかな? 一安心しました。飼い主さんに悪かったかななんて思ったんですが、病院側に言わせると身元照会できるものも一切つけず、避妊手術もしてない状態での放し飼いをしている飼い主に非があるそうです。まあ、そりゃそうか・・・。

今回のことで思ったのは、猫は喋れないってこと。こんな当たり前のことを改めて実感しました。猫は自分がどこのうちの子か言えないんですよね。だからこそ、飼い主がちゃんと責任を持って首輪なりマイクロチップなりをつけておかないと。ちなみにオーストラリアでは生後三ヶ月以上の犬や猫を飼う場合は自治体に登録することとマイクロチップをつけることが義務付けられています。うちから一歩も外に出ないルナだって、不測の事態に備えて首輪には登録プレートをつけてるし、マイクロチップもついてます。万が一ルナが迷子になっても、絶対に私に連絡がくるはず。

まあでも、ひとまず黒猫ちゃんのことが解決してよかったです。ご近所さんだろうから、これからもちょくちょく姿が見られるかもですね♪ よかったよかった。ご心配してくださったみなさん、ありがとうございました。

ところで、今日のメルボルンは気持ちのいい晴天でした 仲のいい同僚Kのバースデイだったので、最近お気に入りのビアガーデンのついてるパブへ行って、午後中ずっとウォッカを飲んでました。日のあたる外で飲むお酒って本当に美味しい!! いい季節になってきたなー、ほんとに♪



日々のこと | 22:33:35 | トラックバック(0) | コメント(14)
黒猫のその後 「猫のいる生活(343769)」

皆さんにご心配いただいてる黒猫ちゃんのその後なんですが、今は動物病院のシェルターで8日間飼い主が連絡してくるのを待つ期間なので、特に動きといったことはありません。月曜日にシェルターに確認したところ、やっぱりこの子にマイクロチップはついていなかったとのこと。シェルター側から飼い主の探しようがないので、もし飼い主がいるなら向こうから猫を探して連絡してくるのを待つしかないとのこと。

私は月曜日に写真入で「この猫はこの動物病院のシェルターにいます!」というチラシを作って近所中の家の郵便受けに配ってきました。これで、もしこの黒猫ちゃんを探している人がいたら病院に連絡するはず・・・・。

と思ってたんですが、水曜の今現在でもまだ病院のウェブサイトにはこの猫が写真入りで迷子猫として紹介されてます。まだ誰も連絡してないんだろうなぁ・・・。今週末まで連絡がなかった場合は里親探しに入るそうです。うちで引き取ることも考えてるんですが、それは最終手段にしたいので今は周りの人に猫が欲しい人がいないか聞いてまわってます。生徒とか、友達とか・・・。誰か一人くらいいるんじゃないかなーと思って。

それにしてもこの病院のサイトに載せてあるこの黒猫ちゃんの写真があまりにもブサ猫に写ってて笑ってしまいました。ほんとはめっちゃかわいい顔してる子なんですが、写真ではめちゃめちゃ人相(猫相?)が悪そうなんです! 黒猫ちゃんの名誉のためにその写真をここで公開することはしませんが、ほんともっといい写真撮ってやってください、シェルターのスタッフの人たち(笑)

そんなわけで、また黒猫ちゃん情報はこのブログでアップしていきたいと思います。

さて、黒猫以外の私の日常はというと。。。。なんだか忙しいです。その上、PCの調子がちょっと悪くてちょっとプログの更新も滞りがちです。両親が来たときの日記を全部書いてしまいたいんですが、なかなか時間がなくて・・・。週末にでもまとめてアップしちゃいたいと思います。

おとらさん・・・・じゃなかったルナ姫は元気いっぱい。最近は朝も明るくなるのが早いし、春の暖かさを満喫してるみたいでしょっちゅう窓際で目を細めてます。そして、夜になると最近のお気に入りのテント遊び。

1710071

ここがお気に入り~♪

このテント、かなり使用頻度が高くて、買った甲斐ありです。ルナがこの中でドタバタしてるのを見るとこっちもにんまりしてしまいます。

そうそう、猫に関するものといえば、先日同僚のMさんに貰った誕生日プレゼントのこれは一体なんでしょう?

1710072

猫好きの心を擽らずにはいられないこの風貌!

実はこれ、塩コショウ入れなんです! すっごくかわいいですよね!!?? 包みを開けたとき、思わず歓声をあげてしまいました。しかも一つはルナ似だし! Mさん私の心のツボを押さえてくれてます!

1710073

こんなスタンドに載せてテーブルへ

1710074

ちなみに後姿もかなりのかわいらしさ!

そうそう、誕生日プレゼントといえば、うちの両親からプレゼントでもらっちゃいました、iPod nano♪ 迷いに迷った挙句、結局オンラインでを買いました。デジカメも赤だしお揃いにしようと思って。

1710075

1710076

想像してたより小さくてびっくりです。8Gのを買ったんだけど、ほんと私には充分な容量でした。こんな小さいものにこんないろいろ音楽が入れられるってことに改めて驚きです。これからはいろんなところに自分の好きな音楽を全部持っていけることが嬉しいです。早速ウォーキングに行く時に持って行ったんだけど、いい気分でどんどん歩けました。ヨーロッパ旅行の時に重宝するだろうなぁー。



日々のこと | 12:13:30 | トラックバック(0) | コメント(12)
黒猫保護 「猫のいる生活(343769)」

先日このブログに書いた黒猫ちゃん

金曜日に仕事から帰ってきたら、玄関先にこの黒猫ちゃんがいました。これまで近くに寄ってきたことなんてなかったのに、ミャーミャー言いながら足元にまとわりついてきました。

とりあえず私は家の中に入ったんですが、どうもずーっと外にいる模様。私がゴミ捨てに出たときにもまた足元にまとわりついてきて、開いたドアから家の中に入ってしまいました・・・。

ちょうどルナは外に出ないように寝室に閉じ込めていたのでルナと顔を合わせることはなかったんですが、ルナもミャーミャー言ってる黒猫が家の中に入ってきたのに気づいて落ち着かない様子・・・。

とりあえずかなりお腹を空かせてる様子だったのでルナの餌を与えてみると、すごい食欲でガツガツ食べてました。うーん、首輪もしてないし、野良猫なのか? 生後6ヶ月くらいの黒猫なんだけど、結構痩せっぽちな感じです。毛並みはとってもきれいでツヤツヤ。誰かの猫なのか、野良猫なのか、いまいち判断がつきません。

black cat

black cat 2

どうしようか迷ったんですが、とりあえずこの日は外に出すことに。心配だったので少しドライフードを外に出しておいて夜遅くに様子を見てみたんですが、手をつけた様子はなし。

やっぱりどこかに家があるのかな・・・。なんて思ってたんですが、朝一番に外に出しておいたドライフードを見たら全部なくなってました。てことは、早朝にやってきて食べたってこと?

うーん、午前中に見かけたらいつもの獣医さんで黒猫にマイクロチップがついてるかどうか調べてもらったほうがいいのかな・・・。なんて思ってたんですが、午前中には全く姿を現しませんでした。

そして午後になると、またまたドアのところでミャーミャー言う声が・・・。やっぱりお腹を空かせたあの黒猫でした・・・。うーん、こんなに頻繁にお腹を空かせてるってことはやっぱりほかでは餌を貰ってないって事なのかな・・・。野良猫? 

とりあえず餌をやって、黒猫が食べてる間に近くの獣医さんに電話してみたら、そういう状況の時は猫を捕まえてLort Smith Animal Hospitalという大きいシェルター付の動物病院に連れて行くように言われました。Lort Smithはルナをもらって来たシェルターなので、私も馴染みがあります。かなり迷ったんですが、思い切って黒猫をそのシェルターに連れていくことにしました。首輪も何もしてないけど、もしかしたらマイクロチップで飼い主がわかるかもと思ったし。

動物病院に着いた後も、「もし誰かの猫だったら?」とか「もし飼い主が見つからなかったら?」とかいろいろ考えていたんですが、とりあえずスタッフの人に状況を説明してみました。こういう状況には慣れているらしく、「野良猫持込フォーム」みたいなものに必要事項や連絡先を記入させられ、黒猫ちゃんは奥のシェルターに連れて行かれてしまいました。

この先どうなるのか結構しつこく聞いてみたんですが、その人によると、マイクロチップがついていなかった場合、この先8日間飼い主が迷い猫を探して連絡してくるのを待って、それでも何もなかった場合は里親募集をかけるそうです。もしも私が里親になる気があるなら一番に連絡するけどどうする?って聞かれたので、どうするかはわからないけど必ず連絡をくださいと答えておきました。

一番私が恐れてるのは、飼い主もいなくて、里親も現れなかったときに、あの猫ちゃんが安楽死させられてしまうのではってことです。そうなりそうだったらやっぱり私が引き取って・・・と思っちゃいます。どうしよう・・・。

とりあえず、今日病院のサイトの「飼い主探してますコーナー」でその黒猫のことが書かれているのを見たのでマイクロチップはなかったようです。明日、黒猫を飼ってる人がいたらその子はLort Smithにいますよってチラシを作って近所に配ってみようと思います。それでも連絡がないようなら、あの子を引き取ることも真剣に考え始めないといけないなぁ・・・。



ルナの話 | 22:52:15 | トラックバック(0) | コメント(18)
グランピアンズ一泊旅行

両親滞在三日目に、メルボルン北西300キロ弱の場所にあるグランピアンズ国立公園に一泊で行ってきました。せっかく一週間いるんだから、一度くらいは遠出をしてこれまで見たことがないオーストラリアを見せようと思ったんです。グランピアンズは今年初めに妹と一緒に行った場所なので、だいたい見に行くべきポイントはわかっていたので今回はかなり気楽でした。

グランピアンズまでの道のりは延々とした牧草地帯。父も母もオーストラリアの広大さにとても感動していました。私にとってはもう見慣れてしまった羊や牛の放牧風景も両親にとっては珍しいんですもんね。

「まぁー、羊がみーんな一生懸命下向いて草を食べてる! 一匹たりとも顔をあげてる羊がいない!」

なんてちょっと天然を思わせる発言を繰り返す母に笑わせてもらいながら楽しい道中になりました。一生懸命草を食べてる羊って・・・(笑)

グランピアンズ観光の拠点となるホールス・ギャップという町に着いてからは、妹と行った時と同じように一泊なので同じルートを周ろうと思っていたんですが、あいにく天気が下り坂でかなり寒くなり、しまいには雨が降ったりもしたのでせっかくの絶景や奇岩見学もちょっとイマイチでした・・・。でもツアーではなく私の車で行ったので、好きなように予定が組めたのが気楽でよかったかな。

boroca lookout

Boroca Lookoutからの壮大な眺め

grampians1

二年前の山火事の痕

grampians2

偶然遭遇したワラビー。お腹の袋には赤ちゃんもいました。

天気が悪かったし寒かったので、夕方は早めに予め予約してあったコテージに行くことにしました。今回すごく楽しみにしてたのがこのコテージ。インターネットで探して予約したんですが、ネットで見た写真がすごくきれいだったので期待してたんです。

ちょっと見つけにくい場所にあったので何度も行ったり来たりしながらコテージを発見。中に入ってみると予想以上にきれいなところでした。二階建てのコテージでベッドルームは三つ。二階にリビングとキッチンとスパ付のキングサイズのメインベッドルーム。一階はクイーンサイズベッドの寝室と、シングルベッドが二つの寝室の二部屋プラス、これまたスパ付のバスルームとランドリー。三人だけで泊まるのがもったいないような広さだったし、何といってもインテリアがとっても素敵でした♪

cottage1cottage2
cottage3cottage4

両親も大満足!

ここは本当にお薦めです。この広さで確か230ドルくらいだったし。家族で旅行したりするには最適なんじゃないでしょうか。

近くのレストランに晩御飯を食べに行き、その後はコテージに戻ってワイナリーツアーで買ったシャンパンを飲みながら三人でのんびりしました。思えば、家族とこんなふうにゆっくり旅行することなんてあんまりないもんな・・・。本当に今回は父と母がオーストラリアまで来てくれてよかったです。

さて、二日目は朝早くから散歩に行きました。川の向こう側にたくさんカンガルーがいるのが見えたんだけど、川の向こう側への行き方がわからなくてカンガルーの近くに行くのは断念。朝ご飯を食べた後、この日のハイライトになるはずだった、Mt.Williamの登山口まで行ってみました。

このMt.Williamはこのあたりで一番高い山で、夏に妹と一緒に登ったんだけど結構道の傾斜が急だし長いしで大変なんですが、登った後の眺めが最高なんです。ぜひとも両親にも見せたかったんだけど、あいにくかなり霧が出ていた上、すごい寒さと小雨で100メートル歩いた時点で断念。

「途中でやめる勇気を持つことも大切だ」

とかなんとか言いながら、あっという間に三人とも暖かくて快適な愛車メトちゃんへ避難しました(笑) 結局この後は野生カンガルーを見に行き、早めにメルボルンに帰ることに。

夕方にメルボルンに戻ってきて、この日は母が晩御飯を作ってくれることになりました。メニューは炊き込みご飯、肉じゃが、ほうれん草の胡麻和え。それに加えて父が白身魚のムニエルも作ってくれ、豪華な食卓になりました。両親がいた一週間にいろんなものを食べに行ったけど、この日の晩御飯がお世辞じゃなく一番美味しかったです。



ホリデーの過ごし方 | 22:00:58 | トラックバック(0) | コメント(10)
ワイナリーツアー

さて、両親滞在二日目はワイナリーツアーに行ってきました。メルボルン郊外のヤラバレーには幾つものワイナリーが点在していて、そこを巡るツアーがいろんな会社から出ています。

今回私が選んだツアーは4つのワイナリー巡りと昼食付。以前にも同じツアーに参加してかなり良かった覚えがあったので、また同じツアーにしてみました。しかもこのツアー、iPodで日本語での説明が聞けるんです。これは画期的だったなぁ。両親は英語がわからないのでこれはとっても便利でした。

Yering station

この日の天気は晴天。気持ちのいい春の日ざしの中でワインを試飲♪

lunch

お昼に私は煮込んだラム肉を食べました。美味しかったー♪

chandon

このツアーはスパークリングワインの製造過程も見せてくれます。

champagne

Chandon社のスパークリングワインで乾杯

winery

ワイナリーツアーには最適な一日でした。

美味しいワインが何本か買えたし、本当に気持ちのいい一日でした。シティでベトナム料理を食べて帰宅。「おとらさんが待ってるから早く帰らないと」って言う父に「おとらさんじゃないよっ!」とか言いながら。

ところで、両親が滞在している間は、私は自分のクイーンサイズベッドを両親に明け渡して、自分はスペアベッドルームの古いカウチの上で寝ていました。いつもは私と一緒に大きなベッドで寝ているルナ。今日はどうするつもりかなーなんて思ってると、やっぱり私と一緒にカウチで添い寝をしてくれましたー♪ かわいいやつめ。

ルナのことを「顔が大きい」とか「おとらさん」とか言ってた両親ですが、やっぱりルナの一挙一動が気になる模様。結局は猫好きなのです。母に至っては「見慣れてきたらかわいい顔じゃねぇ。」とのこと。見慣れなくてもかわいいの!



ホリデーの過ごし方 | 22:13:27 | トラックバック(0) | コメント(6)
両親到着

今日は楽しみにしてた両親が到着する日。かれこれ父と母に会うのは一年三ヶ月ぶり。早朝に空港まで迎えにいってきました。

両親がオーストラリアに来るのは今回で二回目。前回は8年前、私がまだアシスタント日本語教師としてホームステイをしてた頃のことで、滞在期間が短かったのと私自身が見所をよくわかってないってこともあってあまり多くのことができませんでした。でも、今回は車もあるし、一週間まるまる滞在なのできっといろんなことができるはず!!

そんなことを思いながら両親を迎えに行って、家に帰ってきました。

当然ながら父も母もルナ嬢とは初対面。絶対に「まあ~かわいらしい!!」っていう反応をするだろうと思い込んでた私ですが、ルナを見た最初の母の一言が、

「まあ、えらい大きい顔の猫じゃねぇ。」

 まっ、まじっすか!!!

1106071

確かに丸顔ですが・・・・。

そんなわけで早速「顔でか猫」の烙印を押されたうちのお姫様。私から見たら世界一のかわいこちゃんなんですが(笑) 

そして、父がつけたルナの呼び名は「おとらさん」

うーん、この二人の周りではどうもルナのいつもの姫キャラが通じないようだわ・・・。まあいいんだけどさ(笑)

ところでうちの母。なんと、財布も持たずにハンドバッグにハンカチとティッシュだけ入れてオーストラリアまでやって来たそうです。「お父さんがお金もカードも持ってるしー。」なんてさらっと言いながら、財布も持たずにここまでやって来れる母の度胸にある意味感動。私にはできないわ・・・。

そんな両親とあーだこーだ言いながら初日はうちの学校見学へ。日本旅行の時に両親に会ったことがある教頭Sが学校を案内してくれました。私がどんなところで働いてるのか見られて両親も喜んでくれたかな? その後は学校の近くを観光して、夕方私の友人夫妻と一緒にお茶をしました。香港経由で長時間かけてやってきた両親は夜にはかなり疲れてたんじゃないかと思います。

そんなわけで初日はこれでおしまい。明日から本格的な観光開始です!



ホリデーの過ごし方 | 21:57:11 | トラックバック(0) | コメント(10)
ホリデーが終わって

お久しぶりです。

日本から遊びに来て一週間滞在していた両親がゆうべ日本に帰ってしまい、急に静かになった家から更新してます。ホリデーは昨日で終わり、今日から新学期。気が付けばもう今年最後の学期なんですよねぇ。なんだか実感が湧きません。

時間がある時に先週一週間にした様々なことの様子を遡ってアップしま~す。



日々のこと | 21:05:04 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。