■最新記事
■プロフィール

ルナルナ

Author:ルナルナ
オーストラリアのメルボルン在住。
猫のルナと暮らすマイペース人間です。

■Twitter

■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブログ引越しました
年明けにブログ復活してみて思ったのは、やっぱり楽天ブログは使いづらいってこと・・・。で、思い切ってブログを引っ越してみました。楽天での過去のエントリーも全部移動できたので今度からはこちらで日々のことを書き綴っていこうと思ってます。

というわけで心機一転、ブログ名も「ルキンフォーどこまでも」に変えてみました。

これはスピッツの曲「ルキンフォー」からとったフレーズで、共感できる部分が多い歌詞だったのでそこから使わせてもらいました。前向きにいろんなことを探求しながらどこまでも歩いていけたらいいなぁと思って。

そんなわけで、こちらのほうでこれからよろしくお願いします。

スポンサーサイト
未分類 | 23:54:01 | トラックバック(0) | コメント(7)
2012年!

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。

ブログ復活するする詐欺をしてしまいました。新年明けて今度こそちゃんと復活したいルナLunaです。

気がつけば2012年になってもう10日以上も経ってしまいました。今は夏休み中なので、少しのんびりしているところです。

2010年と2011年は社会人と大学院生という二足のわらじでとにかく忙しかった感があるんですが、その大学院も去年の12月に無事に卒業することができました 卒業式には日本から両親も来てくれて、角帽とアカデミックガウンを身に着けて卒業証書を受け取ることができました。思い返せば2010年の最初のセメスターで履修した科目の課題に取り掛かったときに、あまりに読まなきゃいけない文献が多くて内心「うわー、甘く見てた! これは無理かも??」って焦ったりもしたんですが、グロッキーな徹夜を何度か経験して卒業まで漕ぎ着けました 終わってみるとものすごい充実感です!

そして2012年。

今年は仕事の上では責任がいろいろ増えるんですが、なにしろもう大学院の勉強がないのでちょっと気持ちに余裕を持っていろんな仕事や勉強以外のことをもっと楽しめたらいいなと思っています。具体的に何ってわけじゃないんだけど。

あと、2012年の目標は女子力アップ。とりあえず細かいところにもっと気を配ろうといろいろ思っている次第です。ダイエットもね。年明け早々ランニングシューズを買って、一日一時間くらい歩くようにも心がけてます。習慣にできたらいいなぁ。とりあえずブログに書いて自分にプレッシャーかけてみた(笑)。

まあでも、基本的に2012年もマイペースに生きていくんでないかと思っています。そこが変わるとは思えないし。

そして、私以上にマイペースなルナが今年も健康でいてくれますように。

110112

気温40℃でもやっぱりべったりあまえんぼう

そんな感じでまたブログもぼちぼちアップしていこうと思っています。今年もよろしくお願いします。



未分類 | 22:58:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しいiPhoneカバー
近々日本から荷物送ってもらう機会があるので、ついでにiPhoneカバーも買い替えようと思って新しいのを買いました。
こういうのって毎日使うから気に入ったものが欲しいんだけど、なかなかかわいいデザインのものって見つからなくていつも私はこのFinlandiaシリーズを使ってます。ずっとブルーのNuppuを使ってたんだけど、季節柄明るい色が欲しくて今回は黄色のKukkaにしてみました。このカバー持ってると、たまに「かわいいカバーだね」って人から言われるんだよね。オーストラリアでも手に入ればいいのに。
このシリーズのデザイナーさん、実は私の長年の友人でしてほんとにいい仕事する人です。


【レビューを書いて送料無料】TUNEWEAR eggshell Finlandia Series for iPhone 4 ケース・カバー6種類の個性的なカラーのeggshellにグラフィカルなパターンがプリントされた個性あふれるiPhoneケース





未分類 | 20:22:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
それぞれができること

震災から早くも半月が経ってしまいました。

この半月という期間が本当に長く感じます。震災前のことが遠い昔のことみたい。あの大きな地震のせいでどれくらいの人の人生が変わってしまったんだろう・・・。

日に日に数が増えていく犠牲になられた方と行方不明の方の数に心が痛みます。テレビで映像を見るだけでもとても現実とは思えないような光景なのに、きっと実際の被害はテレビには映せないくらいのものなのは間違いなくて、それを今現実として生きてらっしゃる方々のために何ができるだろうってずっと考えてます。

ここメルボルンでも日本のために何かしようという動きがいろいろ起きています。今日は知り合いのバイオリニストが音楽家仲間と主催したチャリティーコンサートに行ってきました。演奏したのは日本人の音楽家はもちろん、他の国の方もたくさんいました。日本のためにあれだけの人が集まってくれたっていうのは嬉しいことです。

オーストラリアに住み始めてもう10年以上になるけれど、今回の震災で自分の母国が大変なことになっている時に外国にいるということは精神的になかなか参るということを知りました。幸いにも私の家族や友達に直接の大きな被害はなかったんですが、いろいろな所で日本代表として心配されたりするので気持ちが混乱しました。必要以上にセンセーショナルな報道をするオーストラリアのメディアも、しょせんは他人事と思って放送してるように感じてしばらくはこちらのメディアのニュースに目を向けることもできませんでした。

でもやっぱり日本のことを近く感じてこうしてチャリティーコンサートなんかに協力してくれるオーストラリアの人たちもたくさんいるわけで、それは本当に嬉しかったです。ニュースでは台湾で多額の募金が集まったと読みました。たくさんの国の人たちが日本のために何かしてくれてますね。そんな中、自分はこれまで外国で大きい災害が起きた時に率先して募金しただろうかなんて思うと本当に恥ずかしくなります。

幸い、私の学校では生徒達何人かが日本のために何かしたいって言ってくれました。今学期はうちの学校では途上国のための募金活動をすでにしているので、来学期に何か企画してできたらいいなと思ってます。そしてそのお金を被災地の学校なんかの教育機関に役立ててもらえたらいいななんて思ってるんですが、やっぱり赤十字に送るのが一番いいのかな。とりあえずまだ時間があるのでじっくり考えたいと思います。

ここで自分ができることをして、それが何らかの形で役に立ってもらえれば・・・。



未分類 | 21:52:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
妹の結婚式

兄の結婚に続きまして、今度は7月31日に妹が福岡で結婚式を挙げました。そう、「雑種」のHNでこの楽天ブログにも顔を出していたあの妹です。兄の結婚式がジミ婚ならば、妹の結婚式は対照的な「ザ・ハデ婚」。

結婚式があったのが土曜日だったので、私は木曜の夕方にメルボルンを発って、金曜日のお昼くらいに福岡に到着。そのまま結婚式の準備に巻き込まれてしまいいろいろ手伝っているうちに夜中の3時くらいまで寝られないという状態になりかなり疲れていましたが、当日はやっぱりそんな疲れなんて吹き飛んでしまいました。なにせ、妹の晴れの日ですからね

今回妹が結婚式を挙げたのは博多山笠やどんたくで有名な櫛田神社。ホテルで白無垢に着替えた妹は、母の結婚写真にそっくりでした 親戚の叔父叔母にも「まあー、お母さんの時にそっくり!」と言われながら、兄の時と同じように親族顔合わせ。そして挙式が始まりました。

3107101

厳島神社とはまた趣が違う櫛田神社の本殿

今回この挙式の時注目して欲しいのが結婚指輪が載っているリングピロー。妹のリクエストのもと私ルナLuna、慣れない針と糸を手にして妹のために作ったんです。その完成品がこちら。

3107103

ジャジャーン

って、これだけ見せたらすっごい器用な人に見えるかもしれませんが、これはネットでデザインを選んで手作りキットなるものを買って、それを使って作ったんです。パーツをパーツを縫い合わせたとでも言いましょうか・・・。それにしたって私にしたら上出来ってことで。

そんなリングピローを使って挙式は無事に終了。そして神社で記念撮影。

3107102

幸せそうな新郎新婦

3107104

山笠とも記念撮影

その後、ホテルに帰って今度は披露宴となりました。今回の妹の披露宴会場はヒルトン福岡シーホークで、招待客が140名くらい・・・。新郎新婦共に営業職なのでそれだけたくさんの人を招んだのか、そのへんはよくわかりませんが、とにかく兄のこじんまりした会食と比べてこちらは「ザ・披露宴」って感じでした。

3107105

かなり広い披露宴会場

私は後方の家族テーブルで両親と兄夫婦と叔父叔母たちと座ってたんですが、披露宴が始まる直前に係の方が隣の父の元に来て

「実はお父様には内緒にしてあったんですが、新婦入場のエスコートはお父様にお願いしたいとのことです。」

って言ったんです。神社で挙式だったので、花嫁と一緒にヴァージンロードを歩くというシチュエーションはないと思っていた父。一気にこみ上げてくるものがあったのか、涙目になってハンカチを握って妹の元へ・・・。

その時点で私の涙腺は限界近し・・・。

そして、新郎新婦、それぞれのプロフィールDVDが流れたあと主役登場です。

3107106

まずは新郎が入場して・・・

3107107

妹が父にエスコートされて入場

目の前を通り過ぎた父も妹も完全に泣いていて、私も思わずもらい泣き なにしろ末っ子の妹は、いくつになっても父のプリンセスなのです。そして、私にとっても小さい妹なまんまなので、そんな妹が結婚するとなるとこみ上げてくるものがいろいろありました。

3107108

そして新郎に妹を託す父

テーブルに戻ってきてもしばらくハンカチで目を覆ったままだった父。突然でびっくりしてたけど、すごく嬉しかったんじゃないのかな。

そしてケーキカットとかいろいろあって、花嫁がお色直しに退場というところで、今度はサプライズで「新婦中座のエスコートはお姉さまにお願いします。」と、今度は私が突然前に呼び出されて新婦と退場することに。会場の一番後ろから前に進んで行く時に、周りのテーブルから

「え、あれがお姉さん? そっくりー。」
「すごい似てるー。そっくりー。」

と、とにかくそっくりそっくりと言われまくりました(笑)。あんまり自覚ないんですが、そんなに似てるかな・・・。

そしてお色直しをして戻ってきた妹は、今度はワイン色のドレスを着ていました。このドレスが私は試着の写真を送ってもらった段階で本当に気に入ってたんですが、ほんとよく似合ってました。

3107109

この色が妹にすごく似合ってました

そしてここから新郎新婦の友人達の余興が始まったのですが、どれもとにかくすごく凝っていて友達の結婚式の余興にみんなそんなにDVD作ったり踊りを練習したりするの?って驚きました。私はずっとオーストラリアに住んでて友達の結婚式なんかに行けてないんですが、みんなあんな感じで余興をするもんなんでしょうか。びっくりしてぽかーんとしてしまいました(笑)

特に、新郎のお友達が赤ふんどし姿でパフォーマンスをしてたんですが、その写真を後日オーストラリアの友達に見せたら、なんらかの男性ストリップショーを見に行ったと誤解されて困りましたよ(笑) いや、これは結婚式の余興なんだって言っても、なんで結婚式でこんな格好をするんだって聞かれるし、そしたらその答えなんてないじゃないですかー。

兄の結婚式では余興みたいなものが一切なかったので、この妹の披露宴の余興が新鮮ですごく面白かったです。いろんな結婚式があるなぁ・・・。妹にいたっては、こっそりピアノの練習までしていて、ピアノ演奏までするという凝った演出ぶりでした。

そして最後にキャンドルサービスをして、妹が両親への手紙を読み上げたんですが、この手紙、前日に妹と一緒にホテル前泊して読む練習に付き合ってたので内容は知っていたのに、ここで父も母も泣いていたのでそれを見てまた私も涙・・・。泣ける演出が多い披露宴でした。

兄の時とはまた全然違うハデ婚をした妹。最初はこんなハデにやってどうするんだろうって思ってたんですが、本当に終始笑いと涙が絶えない心に残る一日になりました。準備も後片付けもかなり大変そうだったけど、一生に一回のことだしハデにやるのもアリだなと思った次第です。



未分類 | 22:24:42 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。